ジョージ・ラッセル、3番グリッドも「表彰台は現実的ではなかった」 F1ロシアGP 決勝
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、F1ロシアGPの決勝を10位でフィニッシュ。3番手スタートが自身2度目の表彰台に繋がると考えるのは非現実だったと認めた。

ジョージ・ラッセルは、マクラーレンのランド・ノリスとフェラーリのカルロス・サインツとともにF1ロシアGPの予選で衝撃的なトップ3を構成した。

決勝でも、序盤はダニエル・リカルドやルイス・ハミルトンといった速いマシンを抑えて3番手のポジションをキープしたジョージ・ラッセルだが、最初のピットストップ後に15位に落ちたが、レース後半にソチ・オートドロームに雨が降った後は、中古のインタミディエイトで10位でフィニシュ。 5レースでフィニッシュ。

「今日は本当に強いレースだったとう」とジョージ・ラッセルは語った。

「正直に言うと、これ以上は期待できなかったと思う。僕たちは自分たちのペースを知っている。もし、僕たちが早くピットインしたら、もしくは遅くピットインしいていら、周りの他の誰もが道を見つけただろう」

「メルセデスのようなマシンは僕たちよりも1周あたり2秒速いし、他の誰もがおそらく1周あたり1秒速いだろう」

「だから、彼らを抑えるのは本当にトリッキーだった。ウェットでの最後の数周は本当に良くなかった。僕たちは本当に苦労した。でも、それは中古のインターミディエイトタイヤを使っていたからだと思う」

「昨日の予選では、すべてのインターセットを使ってしまったので、装着する前からすでにスリックのようだった。だから、グリップがなくて、2つのポジションを失った。だから今日は最大で8位だったし、10位で良しとしよう」

ジョージ・ラッセルは、F1ベルギーGPでの2番グリッドをレースフィニッシュのポジションに変換したが、3番手スタートをキャリアの2回目の表彰台をできた可能性がある。

それでも、ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズとのさらに強力な週末をポジティブに受け止めている。

「スリックのパフォーマンスは本当に良かった。チームから、そして車内から、すべてのラウンドで、本当に満足していたし、自信を持っていたので、レースがこれ以上良くなることはなかったと思う」

「明らかに驚くべき結果をもたらすことを夢見ていたけど、それは現実的ではなかった。そして、今日、僕たちはおそらく相応しい場所でフィニッシュした」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / F1ロシアGP