ジョージ・ラッセルの“DRS批判”にF1レースディレクターが反論 / F1エミリア・ロマーニャGP
F1レースディレクターのマイケル・マシは、F1エミリア・ロマーニャGPでのバルテリ・ボッタスとのクラッシュにはDRSが役割を果たしたとするジョージ・ラッセルの意見に反論。DRSをアクティブ化するという決定を擁護した。

ジョージ・ラッセルは、F1エミリア・ロマーニャGPの31周目にバルテリ・ボッタスをストレートで追い抜こうとした際にコントロールを失い、高速で2台はクラッシュした。

10番手を走っていたジョージ・ラッセルは、最終コーナーをうまく立ち上がり、DRSの助けを借りて、バルテリ・ボッタスに並んだ。しかし、トラックの湿った部分でジョージ・ラッセルはF1マシンのコントロールを失い、ボッタスに激突した。

両方のドライバーはリタイアし、非難ゲームが始まった。

バルテリ・ボッタスは明らかにジョージ・ラッセルの過失だと主張したが、ラッセルはボッタスだけでなく、DRSさえも非難した。レースコントロールは、トラックが十分に乾燥していると判断してDRSをアクティブ化していた。

ジョージ・ラッセルは、DRSがなければ、マシンをもっとコントロールできただろうと考えている。

「後から考えれば、コンディション、サーキットのストレートがまっすぐではないことを考えると、DRSはアクティブ化されるべきではなかっただろう」とジョージ・ラッセルは語った。

「DRSを閉じた状態でまったく同じ位置にいた場合、スピンすることはなかったはずだ。だから、今後のためにかもしれないことを強調したと思う」

しかし、F1レースディレクターのマイケル・マシは同意しない。

「当時それを見ていたし、そこは当然ながら我々が注意深く監視していたものだ」とマイケル・マシは説明した。

「しかし、公平を期すために言えば、その前後にDRSを使って正常に完了したオーバーテイクがいくつかあった」

「使用を許可するのが早すぎたとは思わない。すべての映像を見ても、我々の観点からトラックはすべて問題なく、その点で問題はなかった」

その後、ジョージ・ラッセルは、バルテリ・ボッタスに謝罪している。

「バルテリ、私のチーム、そして、僕の行動に失望を感じた人に謝罪する。僕はそういう人間ではないし、他の人が僕にもっと期待してくれているとの同じくらい、僕は自分自身にもっと期待している」とジョージ・ラッセルは語った。

「今週末にいくつかの難しいレッスンを学んだし、この経験はもっと良いドライバー、もっと良い人間にすると思う」

昨年のF1サヒールGPでルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスF1から出場して評価を上げたジョージ・ラッセルだったが、今回の事故後の振る舞いで評価を下げたことは間違いない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ