ジョージ・ラッセル “メルセデスF1仕様”ヘルメット / F1サヒールGP
ジョージ・ラッセルは、メルセデスのF1マシンで戦うF1サヒールGPに向けて“メルセデスF1仕様”のカラーリングのヘルメットを準備した。

ジョージ・ラッセルは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役として今週末のF1サヒールGPをメルセデスのF1マシンで戦う。

ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1から代役の連絡を受けたのが12月2日(火)の深夜2時だったことを明かしており、正式に発表されたのは12月3日(水)だった。

それでも、ジョージ・ラッセルは、速攻でメルセデスF1のカラーリングに合わせたヘルメットを準備。デザインは変わらないが、赤だった部分はメルセデスのスポンサーであるイネオスのコーポレートカラーであるボルドー、水色だった部分はネイビーへと変更し、シックなヘルメットへと変身している。

ジョージ・ラッセル F1サヒールGP ヘルメット(メルセデスF1)ジョージ・ラッセル F1サヒールGP ヘルメット(メルセデスF1)ジョージ・ラッセル F1サヒールGP ヘルメット(メルセデスF1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ヘルメット / メルセデス / F1バーレーンGP