F1 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ
2019年にウィリアムズでF1デビューが決定したジョージ・ラッセルが、これまでのキャリアを支えてくれた家族、そして、メルセデスへの感謝の言葉を語った。

昨年のGP3に続き、今年はF2でタイトルをほぼ手中に収めているジョージ・ラッセル(20歳)は、2019年にウィリアムズと複数年契約を結んでF1デビューを果たすことが発表された。

先月のF1ロシアGPが開催されたソチでウィリアムズの副チーム代表であるクレア・ウィリアムズから2019年のF1デビューを伝えられたジョージ・ラッセルは、F2のレースを応援しにきていた両親に最初にF1デビューのニュースを伝えた。

「最初に両親に伝えた。僕と一緒にソチに来ていたんだ」とジョージ・ラッセルはコメント。

「彼らは僕のキャリアのほぼ全てのレースで僕をサポートしてくれていたし、真っ先に彼らに伝えたかったんだ。父は目に涙を浮かべていた。F1は僕たち全員の生涯の夢だったからね」

「7歳のときに初めてカートを走らせた。兄のベンジがカートをやっていて、僕は彼についていってレーストラックで育った。彼は大学に進む前にカートをやめてしまった。彼はビールを奢れと連絡してくるだろうね」

メルセデスのジュニアドライバーであるジョージ・ラッセルは、メルセデスのF1ドライバーであるルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスの仕事を間近で面にしてきた。

「メルセデスにいることは100%僕の助けになっている」とジョージ・ラッセルはコメント。

「僕はルイスとバルテリの近くにいて親しくさせてもらって、彼らがチームとどのように対話しているかを間近で見ることができるとても特権的な立場にいた」

「それは来年にむけて役立つだろうお。僕はルイスととても良い関係を築いている。彼はチームの環境ないではフレンドリーだし、話し好きな人なんだ。外部からの彼の評判からは予想できないだろうね」

「彼に会ったときは本当に驚いた。彼はいくつかヒントを与えた。誰にも共有したくないけどね。F1のベストドライバーの一人からアドバイスを得られるのは僕の特権だっからね。どんなアドバイスも教えるつもりはないよ!」

今季、ウィリアムズはコンストラクターズ選手権で最下位と低迷しているが、ジョージラ・ラッセルは経験は不足しているものの、チームの力になれると確信していると語る。

「素晴らしい機会だ。現在、チームは苦しんでいるし、最高の一年を過ごせてはいないけど、このレースチームにはまだ多くの情熱と才能がある」とジョージ・ラッセルはコメント。

「来年にむけた進歩の手助けをして、前進するために彼らと協力していけると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジョージ・ラッセル | ウィリアムズ