フォーミュラEの2019年09月のF1情報を一覧表示します。

ニコ・ヒュルケンベルグ、フォーミュラEチームと契約の噂を否定

2019年9月28日
ニコ・ヒュルケンベルグ、フォーミュラEチームと契約の噂を否定
ニコ・ヒュルケンベルグは、2020年にむけてフォーミュラEチームと契約を結んだとの噂を否定した。

ルノーのF1シートを失うことが決まっているニコ・ヒュルケンベルグだが、アルファロメオ・レーシングやウィリアムズのシートを獲得する可能性は低いとみられている。

ニコ・ヒュルケンベルグ、もはやフォーミュラE転向も避けられず?

2019年9月25日
ニコ・ヒュルケンベルグ、もはやフォーミュラE転向も避けられず?
ニコ・ヒュルケンベルグは、もはやフォーミュラEへの転向を完全に除外できない状況になっている。

来季のルノーのF1シート喪失が決定したニコ・ヒュルケンベルグは、フォーミュラE転向の可能性について「まったくエキサイティングではない」と語っていた。

しかし、それ以降、濃厚とみられていたハースF1チームへの移籍が消滅。アルファロメオ・レーシングとレッドブルという選択肢も可能性が低くなっている。

メルセデス 「将来的なハミルトンのフォーミュラE転向はあり得る」

2019年9月18日
メルセデス 「将来的なハミルトンのフォーミュラE転向はあり得る」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンは他のシリーズで自分自身を証明することを除外しておらず、将来的にフォーミュラEに転向することもオプションだと語る。

メルセデスは、シーズン6からフォーミュラEへのワークス参戦を開始する。「ルイスは多くのモータースポーツをフォローしているし、我々がすでにフォーミュラEについて話をしているのは確かだ」とトト・ヴォルフは Sky Sports に語った。

フォーミュラE | 元マンUのジェイミー・リーグルがCEOに就任

2019年9月17日
フォーミュラE | 元マンUのジェイミー・リーグルがCEOに就任
フォーミュラEは、元マンチェスター・ユナイテッドでアジア太平洋部門の責任者を務めた経験のあるジェイミー・リーグルが、最高技術責任者(CEO)に就任したことを発表した。

これまでフォーミュラEのCEOを務めてきたアレハンドロ・アガクが会長に移行するため、今回新たなCEOとしてジェイミー・リーグルが選出された。

フォーミュラE | メルセデス、バンドーンとデ・ブリースを起用

2019年9月12日
フォーミュラE
メルセデスは9月11日(木)にフランクフルトでフォーミュラEの体制発表を実施。参戦マシン『EQ Silver Arrow 01』のカラーリングを披露するとともに、ドライバーとしてストフェル・バンドーンとニック・デ・ブリースを起用することを発表した。

昨季、HWA RACELABとともにフォーミュラEへの参戦の準備を進めていたメルセデスは、シーズン6となる2019/2020シーズンよりフォーミュラEへのワークス参戦を開始する。パワートレインは、メルセデスのF1エンジンも担当しているブリックスワースのHPPで設計・開発される。

フォーミュラE | 日産e.dams、シーズン6もブエミ&ローランドを継続起用

2019年9月5日
フォーミュラE
日産自動車は、ABB FIAフォーミュラE選手権のシーズン6でセバスチャン・ブエミとオリバー・ローランドを継続して起用することを発表した。

「ニッサン インテリジェント モビリティ」の優れたパフォーマンスを訴求する場として初めて参戦したフォーミュラEのシーズン5で、日産はシーズン最多記録となる13レース中6レースでポールポジションを獲得。セバスチャン・ブエミはシーズン終盤に4戦連続で表彰台を獲得してランキング2位となり、オリバー・ローランドはルーキードライバーの中で最多となるポイントを獲得した。

ストフェル・バンドーン 「F1復帰を完全に除外しているわけではない」

2019年9月2日
F1 ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、フォーミュラEでのシーズンを楽しんでいるが、F1を完全に除外しているわけではないと語る。

昨年末にマクラーレンのシートを失ったストフェル・バンドーンは、先週末スパ・フランコルシャンのパドックを訪れていた。

「昔の友人に再び会えてうれしいよ」とストフェル・バンドーンは Sporza に語った。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム