ビジェイ・マリヤ
ジャンカルロ・フィジケラをフェラーリに移籍させたフォース・インディアのビジェイ・マリヤ代表は、今回の移籍に関してチームとフェラーリとの間に財政的な利害関係はないと語る。

フォース・インディアは、昨年フェラーリとのエンジン契約を破棄して、マクラーレンと契約を結んだ。

それによりフォース・インディアは、フェラーリに対して400万ユーロ(約5億3,000万円)以上の借金があるとされ、この借金を帳消しにするという条件でジャンカルロ・フィジケラがフェラーリに移籍するとの憶測が広まっていた。

フィジケラを手放すことを発表したフォース・インディアのリリースの中で、ビジェイ・マリヤは、そこにいかなる財政的な利害関係もなかったことを強調した。

「フェラーリといかなる財政的な整理の合意がないことを強調したい。今回の合意は、全面的に誠意と持って、ジャンカルロとスポーツのためになされた。モンツァのためにフェラーリに競争力のあるドライバーがいることはF1にとってポジティブなストーリーであり、このような困難な時にスポーツのイメージを向上させる助けになるだろう」

「過去1年半にわたるフィジケラのすべての協力、そして先週我々の世界選手権初ポイントを届けてくれたことに感謝したい。彼はチームに不可欠な存在だったし、舞台裏での彼のインプットとトラックでのパフォーマンスによって素晴らしい恩恵を受けた。我々は将来の彼の幸運を祈っている」

「フォース・インディアにとって、このスポーツは、チームの努力、一人がいなくなること、それが主要な一人であっても、我々のパフォーマンスに大きな影響を及ぼすことはない。ベルギーでのチームの競争力は、ファクトリーと風洞での懸命な作業の結果であり、我々は最後のレースのためにさらなる開発をしている。我々はこの勢いを持続することができると確信している。力強いシーズンに終わりを迎えることを楽しみにしている」

ジャンカルロ・フィジケラのフェラーリ移籍によって空いたカーナンバー21に座るドライバーは、近日中に発表するとされている。最有力候補は、テストドライバーを務めるヴィアントニオ・リウッツィとみられている。

関連:
ジャンカルロ・フィジケラ、フェラーリに合流 (最新画像)
ジャンカルロ・フィジケラ 「最高にうれしい」
ジャンカルロ・フィジケラ、2010年はフェラーリのリザーブドライバー
フェラーリ 「フィジケラの貢献に期待している」
フェラーリ、ジャンカルロ・フィジケラの獲得を正式発表
ジャンカルロ・フィジケラ 「フォース・インディアに感謝している」
ジャンカルロ・フィジケラ、フェラーリに移籍

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フォース・インディア / フェラーリ