ニコ・ヒュルケンベルグ
フォース・インディアは、ニコ・ヒュルケンベルグを2014年のドライバーに起用することを発表した。

ニコ・ヒュルケンベルグが、1シーズンでザウバーを離れ、古巣フォース・インディアに復帰することが決定した。契約は複数年契約。

2010年末にウィリアムズのシートを失ったニコ・ヒュルケンベルグは、2011年にフォース・インディアにテストドライバーとして加入。2012年にレースドライバーとしてF1グリッドに復帰。2013年にザウバーに移籍していた。

ニコ・ヒュルケンベルグは、ロータスがパストール・マルドナドとの契約を発表するまで、キミ・ライコネンの後任候補に挙げられていた。

「フォース・インディアに戻れて嬉しく思っている」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

「チームは来年高い目標を持っているし、僕が長年にわたって積んだ経験が、その目標を達成するための役に立つと信じている」

「僕たちは2014年に競争力のあるパッケージを得られると信じている」

「メルセデスエンジンについても多くのポジティブなことを聞いているし、来年はかなりエキサイティングだと思う」

「僕はこのチームを知っているし、彼らの決意もわかっている。素晴らしい人々の集団だし、僕たち全員が成功に対して同じハングリーを共有している」

フォース・インディアは、2人目のドライバーについては後日発表するとしている。

フォース・インディアのチーム代表ビジェイ・マリヤは「フォース・インディアにニコが戻ってくることを嬉しく思う」とコメント。

「2012年に彼が我々のために走っていたとき、ニコが特別な才能を持って言えることが明らかになったし、今シーズンも力強いパフォーマンスでパドックの全員に感銘を与え続けた」

「我々のラインナップにニコを起用することは、我々の真の決意表明であり、チームに関わる全員にとって大きな後押しとなる」

「我々は2014年に高い望むと期待を抱いている。ニコと契約したことで、我々はそれらの目標を達成し、我々にとって最も競争的なシーズンを楽しむ最適なポジションにいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | ニコ・ヒュルケンベルグ