フォース・インディア
フォース・インディアは、2012年のドライバーとしてニコ・ヒュルケンベルグとポール・ディ・レスタを起用することを発表した。

ニコ・ヒュルケンベルグは、リザーブドライバーからレースドライバーに昇格。これにより、2007年からレースドライバーを務めてきたエイドリアン・スーティルはシートを失うことになった。

「2012年シーズンのドライバーラインナップを発表できることを嬉しく思う」とチーム代表のビジェイ・マリヤはコメント。

「ポールとニコは、2人とも大きなポテンシャルを持った非常に才能あるドライバーだ」

「ポールは、ルーキーシーズンにおいてピットレーン全員の注目を集めたと思う。彼のスピード、成熟、レース技術は、我々が彼を信頼したことが正しかったことを証明しており、来年も彼と一緒に働くのを楽しみにしている」

「ニコについては、我々は2010年末に彼を成長株と判断し、今シーズンを通じて彼を評価することを決めた。マシンに乗る時間は限られていたが、彼は2012年にレース・シートにふさわしいことを我々を納得させた」

「新しいラインアップにより、我々がF1に参戦してときからチームに在籍していたエイドリアン・スーティルに『さようなら』と言わなければならい。彼は過去4年間の成功にとって不可欠な部分だった。今後の活躍を祈っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア