FIA、ポーパシング対策の技術指令の発効をF1ベルギーGPまで延期
FIA(国際自動車連盟)は、2022年F1マシンのポーパシング/バウンシングに関する監督方針を夏休み明けのF1ベルギーグランプリまで延期することに同意した。

モントリオールと先週シルバーストンでリリースされた2つの技術指令で、FIAはF1フランスGPでグランンドエフェクトカーのバウンドシングとボトミングを制限することを強制するために考案された垂直バウンスシングメトリック(測定基準)を導入することを計画していた。

車のフロアの柔軟性の取り締まりも計画されていたが、スピルバーグで金曜日に開催されたF1コミッションの会議の後、F1の夏休みが終わるまで厳しい監視と制限は延期された。

FIAは声明のなかで、「自動車の垂直振動(ポーパシングとも呼ばれる)に関連する安全上の懸念に対処する技術指令案に関する議論があった」と述べた。

「フィードバックとチームとの協議に続き、チームがプランクとスキッドのアセンブリに必要なアップデートを行えるようにするために、すべての車でこの振動を測定するために使用される測定方法の公正な適用を保証するために、イギリスグランプリの前にチームに発行された技術指令案の実施は、ベルギーグランプリから発効することになった」

「カナダグランプリから導入されたFIAによる強化されたコントロールは継続される」とFIAは付け加えた。

「2023年の技術規則でこの問題に対処するために提案されたいくつかの行動についても議論され、技術諮問委員会への明確な指示がなされた」

今回の技術指令の発効の延期は、FIAの技術的指令に対するいくつかの指摘された批判、特にTDに含まれる決定がFIAによる違法なシーズン中のレギュレーション変更に等しいと述べたレッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーからの批判の結果だ。

「TDは規制の変更であってはならない。そのためのガバナンスとプロセスがある」とクリスチャン・ホーナーは先週末のシルバーストーンで述べていた。

「したがって、なぜ発行されたのかを正確に説明する必要があると思っている」

「このレース(イギリスGP)ではポーポイズ現象が多いようには見えなかった。チームはそれを解決している。TDの介入は必要ないと思う」

F1 ベルギーグランプリ ポーポイズ現象

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA / F1マシン / F1ベルギーGP