F1:予算上限のインフレ危機対策として追加資金の妥協策をFIAが提案
F1の統治機関であるFIA(国際自動車連盟)は、加速するインフレに対抗するためにF1チームに一定額を支払うことにより、現在の予算上限の議論を終わらせることを提案した。

小規模なF1チームの多くは、2022年の1億4000万ドルの予算上限を厳格に施行する必要があると主張しているが、レッドブル、メルセデス、フェラーリなどの他のF1チームは、インフレ危機がこれほど深刻になることは想定できていなかった主張している。

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは「このまま続けば、チームの約50%が年末にキャップを破るだろう」と語った。

「我々は、法廷、またはパリのFIAの前でチャンピオンシップが決定されることを望んでいない」

Auto Motor und Sportによると、舞台裏での金融関連の会議の最新ラウンドで、FIAが解決策を提案したと報じている。

「F1はすべてのチームに追加のお金を支払うことになり、それは予算上限にはカウントされない」と特派員のマイケル・シュミットは明らかにした。

「しかし、その後、支援は所得分配ケーキから差し引かれる」

追加される金額は300万ドル、または現在の1億4000万ドルの上限の3%、つまり420万ドルと言われている。

アルファロメオF1のような一部のチームは、2022年に1億4000万ドルも費やすことはないことを理由に予算上限の単純な引き上げを拒否している。

だが、単純な予算上限の引き上げに反対していたアルピーヌF1チームは、提案された妥協案を喜んで受け入れるようだ。

「誰もが同じ程度にそこから利益を得るならば、我々は受け入れる」とアルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは語った。

ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは「予算上限に達していないチームにもメリットがあるため、それはまともな妥協案になるだろう」と同意している。

しかし、この提案は、F1の最高経営責任者であるステファノ・ドメニカリによってまだ承認されていない。

「我々はそれを検討している」とフォーミュラワン・マネジメントの情報筋は伝えた。

「結局のところ、ここで分配されるのは我々のお金だ」

だが、1997年のF1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、F1チームがインフレ危機と予算上限を使ってより多くのお金を稼ぐために単に共謀している可能性があると警告している。

予算上限について質問されたジャック・ヴィルヌーヴは「彼らはシーズン前にそれを増やす方法を探すことをすでに決めていたと思う」とFormule 1に語った。

「彼らは勝ち、お金を稼ぐためにビジネスをしている」

「そして、それらから利益を得るような方法でレギュレーションを曲げることができれば、あなたにとって良いことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA