F1:2022年 暫定F1カレンダーを発表…史上最多の23戦で構成 F1日本GPは10月9日
F1は、2022年シーズンのカレンダーを公開。FIA セカイモータースポーツ評議会によって史上最多の23戦のグランプリスケジュールが承認された。

2022年F1シーズンは、3月20日にバーレーンで開幕。クリスマスの1カ月前の11月20日にアブダビで閉幕する。アメリカでの2つのレースのひとつとして初開催となるF1マイアミGPは第5戦として5月に開催される。

なお、F1中国GPは、新型コロナウイルスの感染が継続しているため、2022年のカレンダーには含まれなかった。中国は、状況が許せば、すぐにカレンダーに戻される。

2022年 F1カレンダー 暫定版

3月20日  F1バーレーンGP (サヒール)
3月27日  F1サウジアラビアGP (ジェッダ)
4月10日  F1オーストラリアGP (メルボルン)
4月24日  F1エミリア・ロマーニャGP (イモラ)*
5月8日   F1マイアミGP (マイアミ)**
5月22日  F1スペインGP (バルセロナ)*
5月29日  F1モナコGP (モナコ)
6月12日  F1アゼルバイジャンGP (バクー)
6月19日  F1カナダGP (モントリオール)
7月3日   F1イギリスGP (シルバーストーン)
7月10日  F1オーストリアGP (シュピールベルク)
7月24日  F1フランスGP (ル・カステレ)
7月31日  F1ハンガリーGP (ブダペスト)
8月28日  F1ベルギーGP (スパ・フランコルシャン)
9月4日   F1オランダGP (ザントヴォールト)
9月11日  F1イタリアGP (モンツァ)
9月25日  F1ロシアGP (ソチ)
10月2日  F1シンガポールGP (シンガポール)*
10月9日  F1日本GP (鈴鹿)
10月23日 F1アメリカGP (オースティン)*
10月30日 F1メキシコGP (メキシコシティ)
11月13日 F1ブラジルGP (サンパウロ)
11月20日 F1アブダビGP (アブダビ)
*正式契約ではない
** FIA回路のホモロゲーションの対象


「2022年のシーズンは、新型コロナウイルスのパンデミックによって17レースに改訂された2020年、22戦となった2021年というF1の前例のない2年間に続くものだ。これは、スポーツの国際的な性質を考えると大きな成果だ」とF1は声明で述べた。

「今年のイベントにファンを歓迎できたのは素晴らしいことだ。我々は、安全に、そして、国のガイドラインに沿って行われることを保証し続けていく」

「パンデミックは2021年シーズンに課題を提示し続けたが、スポーツ全体が、発生した課題に対応し、適応する能力を示している。世界中のすべての人にとって、今後数か月でウイルスがさらに減少することを願っているが、我々は状況を注意深く監視し、プロモーターや国家当局と緊密に協力していく」

F1の会長兼CEOを務めるステファノドメニカリは「2022年のカレンダーを発表できることを嬉しく思う」とコメント。

「我々は緊密なレースを生み出すためにデザインされた来年の新しいレギュレーションとマシンでスポーツが新しい時代に入る準備を進めている」

「今シーズンはここまで素晴らしい戦いが繰り広げられてきた。大勢の観客が参加し、パンデミックの影響を受けていたファンがレースに戻ってきた。来シーズン、より多くのファンを迎えることを楽しみにしており、2022年が過去2年間に我々全員が経験した生活よりも普通に感じられることを願っている」

「我wレはレースを主催したい場所からのF1への関心とスポーツの成長に非常に満足しており、マイアミのような目的地が有名で歴史的な場所に加わり、2022年が素晴らしいカレンダーになると信じている。パンデミックはまだ続いているので、我々は引き続き警戒と安全を確保し、すべての人員と訪問するコミュニティを保護していく」

FIA会長のジャン・トッドは「印象的な2022年のFIA F1チャンピオンシップカレンダーは、ステファノ・ドメニカリと彼のチームが率いるF1が、FIAとの強力な相乗効果で素晴らしい仕事をした結果だ」とコメント。

「過去2年間、F1は目覚ましい回復力を示した。これは、パンデミックという重大な課題にもかかわらず、スポーツの継続的な成長によって明確に示されている」

「2022年の23戦のグランプリは、まったく新しいマシンのエキサイティングなショーケースになるだろう。私はそれを楽しみにしている」

2022年 F1カレンダー 暫定版

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA / リバティ・メディア