F1:サプライヤーとカスタマーチームで異なる予算上限の設定を検討
FIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長は、F1は2021年の予算上限のさらなる引き下げを検討しているが、サプライヤーとカスタマーチームとで異なる予算制限を設定するという妥協案になる可能性を示唆した。

一旦、2021年から1億7500万ドルの予算上限を導入することで同意されたが、新型コロナウイルスのパンデミックによってレース再開の見通しが立たず、過去数週間にわたりF1チーム代表は上限のさらなる引き下げを議論している。

これまでの報道では、F1チームは1億5000万ドルまで引き下げることで合意に達したが、マクラーレンが率いる小規模チームがさらなる削減を推進しているのに対し、レッドブルとフェラーリは他チームにコンポーネントを供給しているチームには追加の財政的考慮が必要だと要求し、意見は対立している。

ジャン・トッドは、新型コロナウイルス危機からF1チームが廃業するのを防ぐために賢明な予算上限を導入するにはF1を新たにスタートする必要があるが、それは現実的ではないと語る。

「この世界の一部だが、我々の小さな世界の人々は足を踏み外している」とジャン・トッドは Auto Motor und Sport に語った。

「我々は予算の上限について話している。現在の状況への大きな一歩となる1億5,000万ドルの予算上限について合意した場合、小規模チームは1億5,000万ドルを費やすことになる。すべての例外を含む大規模チームは、エンジン開発なしでは3億ドルを超えている。それはクレイジーだ」

「今日のF1のことを忘れ、白紙からスタートする場合にしか妥当な数字を生み出すことはできない。だが、例外のない5000万ドルの予算上限を設定するといった方法ではどうにもならない。それでは完全に新しいF1になってしまうだろう。それではスーパーF2だ」

「現在のF1は構造化されているので、新たなスタートを切ることは不可能だ。そうなれば我々はビッグチームを含めてあまりに多くのチームを失うことになるだろう」

現在、予算上限の例外には、ドライバー、チームスタッフの給与上位3名の給与、マーケティングや移動を含むすべての非パフォーマンス関連活動が含まれている。また、フェラーリ、メルセデス、ルノー、ホンダだけが行うパワーユニットの開発のコストも予算上限から免除される。

この問題について質問されたジャン・トッドは、2つの異なる妥協案を提示したことを明らかにした。

「2つのオプションがある。1つはサプライヤチーム向けの例外のある1億3000万ドルだ。2つ目は段階的な計画で、初年度は1億4,000万ドル、次に1億3000万ドル、最後は1億2000万ドルだ。例外もある」

「現時点ではエキストラを取り出すことは不可能だ。だから、私たちは現状を維持し、蓋を下げなければなりません。この危機がなければ、1億7500万ドルだった。今は危機後の再開について話している」

ジャン・トッドは先週の木曜日に”大規模なチームとのみ”会議を開催したことを明らかにし、FIAはサプライヤーとカスタマーチームのための2段階の予算上限のアイデアを受け入れるだろうと述べた。

「他のチームが購入する製品を開発、設計、生産する人もいる。エンジンを買う。カスタマーのための価格は1100万ドルに制限されている。しかし、メーカーにはるかに多くの費用がかかる。カスタマーがパッケージ全体に対して5000万をメーカーに支払うと仮定する。この5000万ドルはカスタマーの予算から差し引くべきだという提案だ。正直なところ、私はこの計算は好きではない」

いずれにせよ、今週の金曜日にすべての関係者との“決断的”な会議が設定されるが、ジャン・トッドは、予算上限がどのようなで引き下げられたとしても、すべてのチームが対等に戦えるようになることはないと語る。

「メーカーが私たちに説明したように説明すれば、それは考慮すべき論拠になる。私はその立場を理解しているが、奇跡を信じていない。小規模チームと大規模チームの差を減らす必要はあるが、夢を見始めてはならない。小規模チームが定期的に大規模チームと競争できるようになるわけではない」

「我々は自分自身に嘘をつくことはない。1億2000万ドル、1億3,000万ドル、1億4,000万ドルについて話すとき、それは例外のない予算上限だ。大規模なチームの場合、例外はコスト上限の100%以上を占める。今、予算上限の削減により、彼らはその例外を拡大したいという希望さえ表明している。しかし、私はそれには反対だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA