ジャン・トッド
ジャン・トッドが、FIA会長に選出された。

23日(金)、パリのFIA本部で行われたFIA会長選挙。選挙に先がけて、立候補者と閣僚メンバーが15分間のプレゼンテーションを行い、その後、スーパーバイザーが監視する中、モータークラブを所有する国から集まったFIAメンバーグループ関係者により投票が行われた。

ジェン・トッドは、アリ・バタネンに対して135票対49票(無効票12票)とほぼ75%の票を集めて大勝。マックス・モズレーの後任として、FIA会長を務めることが決定した。

ジャン・トッドは、今後4年間、FIAの会長を務める。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA