F1
FIA(国際自動車連盟)は、2021年から予算を1億7500万ドル(約189億円)に制限することをF1チームに提示した。

2021年のF1レギュレーション変更にむけて予算上限が設定されることになりそうだ。Auto Motor und Sport におると、F1チームは2021年から2025年の間の年間予算は1億7500万ドルに制限されるという。

今年1月の案では1億8500万ドルを上限とし、次年度には1億6000万ドル、さらに翌年には1億3500万ドルへと上限を減少させることが計画されていた。

メルセデスのF1チーム代表トト・ヴォルフはこの計画について「我々は外部のプロジェクトのために人材に一部を使うことができていた。例えば、風洞はすでにカスタマーに賃貸している。この事業は拡大する可能性がある」とコメント。

だが、この予算制限には、ドライバーの給与、マーケティング費用、パワーユニットに関連する費用は含まれないため、一部の小規模なチームは反対しているという。

ルノーのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは「これは新たなスタートではない。計画はすべてのチームの利益とならなければならない」とコメント。

「この法案はプライベートチームにはうまくいかない。小規模チームは将来的にリバティメディアから1億ドルを調達する可能性がある。利益を生み出すためには1億5000万ドルのスポンサーを見つけなければならないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA