FIAの2022年01月のF1情報を一覧表示します。

F1:2022年にVAR(ビデオアシスタントレフリー)型システムを導入?

2022年1月30日
F1:2022年にVAR(ビデオアシスタントレフリー)型システムを導入?
F1は、2022年の改革の一部として、VAR(ビデオアシスタントレフリー)もしくはその修正版を導入する可能性があるとMotorsport-Magazinは報じている。

昨年12月のF1アブダビGPでの物議を醸したタイトルフィナーレに次いて、F1とFIAはスポーツをどのように統治し、審判していくかについて変更を実施することに同意したが、時間は刻一刻と過ぎている。

FIA、マイケル・マシのF1レースディレクター退任の可能性を認める

2022年1月29日
FIA、マイケル・マシのF1レースディレクター退任の可能性を認める
FIA(国際自動車連盟)は、マイケル・マシが2022年にF1レースディレクターとして復帰しない可能性があることを初めて認めた。新たにシングルシーターディレクターに任命されたピーター・バイエルが語った。

マイケル・マシは、先月のF1アブダビGPでレースが再開される前にセーフティカー期間中にすべての周回遅れ車両がアンラップすることを要求するレギュレーションをバイパスするという決定によって非難されている。

「2022年F1マシンの抜け穴の脅威に対抗する準備はできている」とFIA

2022年1月28日
「2022年F1マシンの抜け穴の脅威に対抗する準備はできている」とFIA
FIA(国際自動車連盟)のテクニカルディレクターであるニコラス・トンバジスは、2022年の次世代F1マシンに抜け穴を悪用する余地があまりないことを期待しているが、その脅威を警戒していると語る。

完全に新しいF1レギュレーションが登場するときはいつでも、少なくとも1つのチームがライバルに対して大きな利点をもたらす可能性のある方法で解釈するという期待がある。

アラン・プロスト 「FIA会長の立候補しようとしていた」

2022年1月21日
F1:アラン・プロスト 「FIA会長の立候補しようとしていた」
4回のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストは、FIA会長への立候補を検討していたことを明かした。

ジャン・トッドの任期が満了したことで、昨年末、新たなFIA官庁にモハメド・ビン・スライエムが就任。しかし、66歳のアラン・プロストは、自分がFIA会長になることを検討していたと語った。

FIA、物議を醸したF1アブダビGPの調査手順を概説。体制の改革にも着手

2022年1月14日
FIA、物議を醸したF1アブダビGPの調査手順を概説。体制の改革にも着手
FIA(国際自動車連盟)は、物議を醸すタイトル決定戦となったF1アブダビGPに関する調査の詳細を概説。最終決定は3月に発表されるとした。

2021年シーズン最終戦F1アブダビGPの数日後、FIAは論争の的となったセーフティカー手順の調査を開始する意向を発表。モバメド・ビン・スライエムが新たなに会長に就任したFIAは声明を発表し、現在、“詳細な調査”を開始していることを確認した。

フェラーリF1代表、マイケル・マシを擁護「地球上で最も困難な仕事」

2022年1月12日
フェラーリF1代表、マイケル・マシを擁護「地球上で最も困難な仕事」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、物議を醸している最終戦F1アブダビGPの扱いについて、F1レースディレクターのマイケル・マシを擁護し、当時「地球上で最も困難な仕事」をしていたと述べた。

セーフティカー中にタイトル候補のマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの間の周回遅れのマシンだけをクリアにして残り1周でレースを再開したマイケル・マシの意思決定は疑問視されている。

「2022年F1マシンで1位と最下位のタイム差は半減する」とFIA技術責任者

2022年1月6日
「2022年F1マシンで1位と最下位のタイム差は半減する」とFIA技術責任者
FIAのシングルシーター技術部門の責任者であるニコラス・トンバジスは、新しいF1レギュレーションのおかげで、フィールドで最速のマシンと最遅のマシンとのパフォーマンス差は最終的に半分まで縮小されると考えている。

2022年にF1に導入される技術規則は、主にF1マシンが互いに密接に追従できるようにすることで、より接近戦を生み出すように設計されている。その結果、オーバーテイクの機会は増えることが期待されている。

「ルイス・ハミルトンはF1を辞めるとは一言も言っていない」とFIA新会長

2022年1月5日
「ルイス・ハミルトンはF1を辞めるとは一言も言っていない」とFIA新会長
新たにFIA会長に選出されたモハメド・ビン・スライエムは、ルイス・ハミルトンがF1を引退することはないと確信していると語る。

ルイス・ハミルトンは、最終戦アブダビGPの最終ラップでマックス・フェルスタッペンに抜かれ、前人未踏の8回目のF1ワールドチャンピオン獲得は叶わなかった。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム