「2022年F1マシンで1位と最下位のタイム差は半減する」とFIA技術責任者
FIAのシングルシーター技術部門の責任者であるニコラス・トンバジスは、新しいF1レギュレーションのおかげで、フィールドで最速のマシンと最遅のマシンとのパフォーマンス差は最終的に半分まで縮小されると考えている。

2022年にF1に導入される技術規則は、主にF1マシンが互いに密接に追従できるようにすることで、より接近戦を生み出すように設計されている。その結果、オーバーテイクの機会は増えることが期待されている。

その目的を達成するために、F1マシンは、後続マシンを大幅に不安定にする乱気流を生成するウイングではなく、マシンにフロアによって生成される“グラウンドエフェクト効果”によるダウンフォースが主体となる。

空力コンセプトの変化がコース上のショーを改善するのに効率的であることが証明されるかどうかは、時間だけがわかる。

しかし、ニコラス・トンバジスは、新レギュレーションによって、2021年に上位と下位のマシンの間に存在していた平均3秒のギャップが徐々に1.5秒短縮されると考えている。

「新しいF1の最初の年に最後のシーズンを打ち負かすことができるとは想像しがたい」とニコラス・トンバジスはAuto Motor und Sportに語った。

「しかし、我々が設定した2つの目標を達成することが重要だ。フィールドはより接近し、先行jマシンに追従できるようになるはずだ」

「現時点では、1位から最下位まで約3秒離れている。我々は2022年の終わりまでにそれが1秒半になることを期待ている」

「何が機能し、何が機能しないかが明らかになれば、マシンはすぐに調整される」

ニコラス・トンバジスは、介入が必要であると考えられる場合、F1とFIAはシーズン中にレギュレーションを微調整する権限を持っていると語る。

「物事が意図したとおりにうまくいかない場合は、シーズン中に調整が行われることを期待している」とニコラス・トンバジスは語った。

F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、フィールドを引き締めることは2022年のシーズンを通して段階的なプロセスになるだろうというニコラス・トンバジスの見解を繰り返した。

「最初のレースから非常にタイトなフィールドが見られるかどうか尋ねるなら、私はそうは思わない」とステファノ・ドモニカリはSport 1に語った。

「しかし、マシンのさらなる開発と予算上限による制限によってギャップはより早く縮まるはずだ」

「いずれにせよ、私は新しいマシンを本当に楽しみにしている。何台は我々がシルバーストンで提示したモデルとは異なって見えると言われている。私は自分自身に興味がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / FIA