FIAの2021年12月のF1情報を一覧表示します。

ニコ・ロズベルグ 「F1はホイール・トゥ・ホイールのルールを強化すべき」

2021年12月28日
ニコ・ロズベルグ 「F1はホイール・トゥ・ホイールのルールを強化すべき」
2016年のF1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、F1は2022年にホイール・トゥ・ホイールのバトルに関するルールを強化するべきだと語る。

2021年のF1シーズンを通して、フェアなレースとコース上合法と見なされたものを取り巻く多くの議論があった。過去1年で、F1の統治機関であるFIAは、コース上でのインシデントへの対処で一貫性がないとラベル付けされた。

FIA新会長 「F1アブダビGPの論争を繰り返さないように必要なことを行う」

2021年12月20日
FIA新会長 「F1アブダビGPの論争を繰り返さないように必要なことを行う」
FIAの新会長モハメド・ビン・スライエムは、2021年の最終戦F1アブダビGPのような論争が繰り返されないようにするために必要なことを統治体が行うことをF1ファンに約束した。

ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンのと間のF1ワールドチャンピオン争いを決定したセーフティカーのリスタートは、F1のイメージを傷つけることになったが、その数日後、元ラリードライバーであるモハメド・ビン・スライエムがFIA(国際自動車連盟)の新会長に選出された。

F1 Topis:バーニー・エクレストンの妻ファビアナがFIA担当副会長に選出

2021年12月20日
F1 Topis:バーニー・エクレストンの妻ファビアナがFIA担当副会長に選出
モハメド・ベン・スレイエムが会長として指揮を執るFIA(国際自動車連盟)の新政権におなじみの名前が加わった。

FIAの新しい組織図には、7人の新しい副会長がおり、それぞれに地域が割り当てられている。そこに元F1最高責任者バーニー・エクレストン(91歳)の妻であるファビアナ・エクレストン(44歳)が南アフリカ担当として選任された。

FIA新会長、ハミルトンのFIA年間表彰式欠席に言及「規則違反は許されない」

2021年12月18日
FIA新会長、ハミルトンのFIA年間表彰式欠席に言及「規則違反は許されない」
新たにFIA会長に選出されたモハメド・ビン・スライエムは、ルイス・ハミルトンが2021年FIA年間表彰式に参加しないことでF1の競技規則に違反した罪で有罪となった場合、制裁も辞さないと述べた。

F1の競技規則の第6.6条には「シリーズで1位、2位、3位となったドライバーは、FIAの年間表彰式に出席しなければならない」と規定されている。

ジャン・トッド 「メルセデスF1のFIAへの暴挙が罰せられないのは幸運」

2021年12月18日
ジャン・トッド 「メルセデスF1のFIAへの暴挙が罰せられないのは幸運」
F1のジャン・トッド前会長は、2021年のF1タイトル争いの論争の的となった結末後、メルセデスF1が統治機関であるFIA(国際自動車連盟)に他する攻撃を処罰されないのは幸運だと語る。

FIAは、木曜日にパリで開催された2021年FIA年間表彰式を欠席したことに対してルイス・ハミルトンにペナルティを科すことを求めている。そして、ジャン・トッドは、同じく式典を欠席したメルセデスF1代表を務めるトト・ヴォルフに激怒している。

モハメド・ベン・スライエム、ジャン・トッドの後任としてFIA会長に就任

2021年12月18日
モハメド・ベン・スライエム、ジャン・トッドの後任としてFIA会長に就任
元ラリードライバーのモハメド・ベン・スライエムが、ジャン・トッドの後任としてFIA(国際自動車連盟)の会長に選出された。

2009年からFIA会長を務めたジャン・トッドは、最大となる3期を務めあげて退任。パリで開催されたFIA年次総会で会長選が行われ、モハメド・ベン・スライエムは61.62%の票を集めた。FIA副会長のグラハム・ストーカーが36.62%、棄権は1.76%だった。

FIA、2022年 F1カレンダーを承認…史上最多の23戦で構成

2021年12月16日
FIA、2022年 F1カレンダーを承認…史上最多の23戦で構成、F1日本GPは10月9日
FIA 世界モータースポーツ評議会は12月15日(水)、史上最多の23戦で構成される2022年のF1カレンダーを承認した。

2022年F1シーズンは、3月20日にバーレーンで開幕。クリスマスの1カ月前の11月20日にアブダビで閉幕する。アメリカでの2つのレースのひとつとして初開催となるF1マイアミGPは第5戦として5月に開催される。F1日本GPは第19戦として10月9日(日)に組み込まれている。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム