ニコ・ロズベルグ 「F1はホイール・トゥ・ホイールのルールを強化すべき」
2016年のF1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、F1は2022年にホイール・トゥ・ホイールのバトルに関するルールを強化するべきだと語る。

2021年のF1シーズンを通して、フェアなレースとコース上合法と見なされたものを取り巻く多くの議論があった。過去1年で、F1の統治機関であるFIAは、コース上でのインシデントへの対処で一貫性がないとラベル付けされた。

ニコ・ロズベルグは、新たにFIA会長に選出されたモハメド・ビン・スライエムに変更を実施するよう呼びかけた。

「もちろん、ジャン(トッド/元FIA会長)のキャリアに大きな敬意を表する。でも、今、新しい人になってことで機会がある。スポーツは進歩する必要がある」とニコ・ロズベルグはSky Sports Newsに語った 。

「それは、すべてのオーバーテイク、ホイール・トゥ・ホイールのアクションから始めなければならない。アブダビのレースでは、マックス・フェルスタッペンがオープニングラップでルイスをパスし、彼を少し押しのけたということを忘れないほしい」

「ルイスは前回のままで、コーナーをカットし、再び前に出てた。僕たちすべての専門家は、ルイスはここまでにマックスに順位を戻すべきだと言っていたけど、彼らは彼にそうするように要求しなかった」

「FIAは、そういったすべての議論が行われないようにすべてを強化する必要がある」

「もっと理解しやすくなれば、それはスポーツにとっては良いことだ。ホイール・トゥ・ホイール・レースでねも。今、誰が正しく、誰が間違っているか、何をする必要があるか。迅速な決定が下して、僕たちは次に進む」

「僕たちはこういった議論をすべて取り除く必要がある。それが重要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ロズベルグ / FIA