F1 Topis:バーニー・エクレストンの妻ファビアナがFIA担当副会長に選出
モハメド・ベン・スレイエムが会長として指揮を執るFIA(国際自動車連盟)の新政権におなじみの名前が加わった。

FIAの新しい組織図には、7人の新しい副会長がおり、それぞれに地域が割り当てられている。そこに元F1最高責任者バーニー・エクレストン(91歳)の妻であるファビアナ・エクレストン(44歳)が南アフリカ担当として選任された。

バーニー・エクレストンは、2009年にファビアナ・フロシがインタルラゴスでF1ブラジルGPのマーケティング部門で働いていたときに出会い、3年後の2012年に結婚。2020年にエース君が誕生している。

バーニー・エクレストンがF1の最高責任者の役割を退いて移行、彼らはほとんどの時間をスイスとブラジルで過ごしている。バーニー・エクレストンは、サンパウロ市から約90マイル離れたアンパロに広大な牧場を所有している

そこにはファビアナ・エクレストンによって管理され、「Celebrity Coffee」というラベルで販売されている製品を生産するコーヒー農園が含まれている。

おそらく名誉的な役割であり、物事の壮大な計画では比較的重要ではないかもしれないが、地域のFIA副大統領としてのファビアナ・エクレストンの選出は、ファンの間でまだいくつかの眉をひそめる可能性がある。

FIAは、F1アブダビGPでの最終戦での物議を醸す運用で、ワールドチャンピオンのメルセデスF1を含めた批判の波と戦っている。

FIAの誠実さと能力は疑問視されており、新たに選出されたモラメド・ベン・スライエム会長には、F1で働く役員の信頼性を再確立するための仕事が委ねられている。

バーニー・エスレストンと妻ファビアナ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バーニー・エクレストン / FIA