FIA新会長 「F1アブダビGPの論争を繰り返さないように必要なことを行う」
FIAの新会長モハメド・ビン・スライエムは、2021年の最終戦F1アブダビGPのような論争が繰り返されないようにするために必要なことを統治体が行うことをF1ファンに約束した。

ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンのと間のF1ワールドチャンピオン争いを決定したセーフティカーのリスタートは、F1のイメージを傷つけることになったが、その数日後、元ラリードライバーであるモハメド・ビン・スライエムがFIA(国際自動車連盟)の新会長に選出された。

FIA世界モータースポーツ評議会は、すでにF1アブダビGPの一件を調査する計画を発表しており、モハメド・ビン・スライエムは、起こったことの状況を完全に理解せずに応答をすることは完全に間違っているだろうと考えており、調査の結果が完全に発表されるのを待ってから、最善の行動方針を決定したいと語る。

「ルールを調査し、将来このような状況が発生した場合、即座に解決策を見つけること、あるいはそれを避けることができると確信している」とモハメド・ビン・スライエム述べた。

「我々が改善できる分野はたくさんある。我々はただ座って『我々は問題ない』と言うことはできない。ノー。それはスポーツでは十分ではないし、F1と同じくらい重要だと言える」

モハメド・ビン・スライエムは、F1レースディレクターのマイケル・マシを続投させるかについての権限を持つことになる。マイケル・マシの将来は激しい憶測の対象となっている。

マイケル・マシを完全に信頼しているかと質問されたモハメド・ビン・スライエムは「なぜ飛び越えるのか? 我々は実際に問題を調査する必要がある」と答えた。

「私は新たに選出されたばかりだ。問題を調査していく。明日、スタッフとのミーティングがある。FIAを改善できるすべての問題を調査するが、問題がある場合は、チームに戻さずに結論や決定に飛びつくことは絶対にない」

モハメド・ビン・スライエムは、FIAの信頼が疑問視されているときに会長を務めることで直面する課題をよく知っており、新しい役割に集中するのを助けるために、FIA外の他の責任から辞任することを誓った。

「FIAの信頼について私に話すのであれば、我々は良い構造にあり、良いチームを持っている」とモハメド・ビン・スライエムは語った。

「だが、常に改善の余地がある。どこを改善できるかを考えなければならない」

「一つのことは、私は自分自身を捧げるということだ、そして、私はFIAの会長になることを除いて他の仕事をするつもりはない」

「私は他のすべての責任を辞任した。他に何かをするつもりはない。そして、私はFIAに負担をかけるつもりはない」

「私は情熱を持って、適切なチームとともに集中していく。私には良いチームがいる。我々はさらに良いチームを求めている。FIAが信頼できるのはそれが理由だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA