FIAの2021年03月のF1情報を一覧表示します。

F1:2021年はオープニングラップの接触事故などの処分をより厳格化

2021年3月28日
F1:2021年はオープニングラップの接触事故などの処分をより厳格化
F1レースディレクターのマイケル・マシは、2021年はオープニングラップのインシデントに対してより厳格なアプローチをとることをF1ドライバーたちに伝えた。また、レース中の段階関係なく、ブレーキングエリアを移動したり、後続のマシンに反応して遅れて移動することへの許容度も狭められる。

近年、FIA(国際自動車連盟)は「レースをさせる」という哲学に従い、通常は1周目に接触をレースインシデントとして片づけることが多かった。

F1:決勝後に1台のF1マシンをランダムに選択して規則違反を詳細チェック

2021年3月28日
F1:決勝後に1台のF1マシンをランダムに選択して規則違反を詳細チェック
FIA(国際自動車連盟)は、2021年の決勝後にF1マシンに対する“より深い技術チェック”を実施し、すべてのチームが規制に準拠していることを確認する。

FIAの技術部門は、現在レースごとに実施している定期点検に加えて、FIAの技術代表であるジョー・バウアーが「「レース後の各イベントでランダムに1台のマシンを選択」して検査を実施する。

フェラーリF1、FIAの『Girls on Track』とのパートナーシップを2年間延長

2021年3月25日
フェラーリF1、FIAの『Girls on Track』とのパートナーシップを2年間延長
フェラーリF1は、FIA(国際自動車連盟)の『Girls on Track』プログラムとのパートナーシップをさらに2年間延長することを発表した。

このイニシアチブは、最も才能のある女性ドライバーを見つけ、フェラーリ・ドライバー・アカデミーに追加する可能性を支援するために昨年6月に開始された。

F1セーフティカードライバー、アストンマーティン車両の導入に“緊張”

2021年3月16日
F1セーフティカードライバー、アストンマーティン車両の導入に“緊張”
長年のF1セーフティカードライバーであるベルント・マイランダーは、アストンマーティンの車両が導入される2021年シーズンについて“ナーバス”に
感じていることを認める。

1996年以来、F1では、メルセデスが公式F1セーフティカーを独占的に供給してきたが、2021年のF1世界選手権では、メルセデスに加えて、史上初めてアストンマーティン・ヴァンテージが公式セーフティカーとして導入される。

「レッドブルがメルセデスF1に追いつければスプリントレースなど不要」

2021年3月8日
「レッドブルがメルセデスF1に追いつければスプリントレースなど不要」とFIA会長ジャン・トッド
FIA会長のジャン・トッドは、レッドブル・レーシングのような上位チームが、メルセデスF1に追いつくことができれば、スプリントレースなどの新しいコンセプトをF1に導入するというアイデアなど必要ないだろうと語る。

リバースグリッドのレースを開催するというアイデアを却下されたが、2021年のF1世界選手権で、日曜日の決勝のグリッドを決めるために、土曜日にスプリントレースを開催するという提案は実現する可能性がある。

F1、アストンマーティンとメルセデスAMGとのセーフティカー契約を発表

2021年3月8日
F1、アストンマーティンとメルセデスAMGとのセーフティカー契約を発表
F1は、アストンマーティンおよびメルセデスAMGと新たな複数年のパートナーシップを締結。これにより、両メーカーは、2021年のF1世界選手権からオフィシャルセーフティカーとオフィシャルメディカルカーを供給する。

2021年の各レースでの車両の供給は、25年ぶりに複数の自動車メーカーによって公式車両が供給される。アストンマーティンは、セーフティカーのために特別装備バージョンのアストンマーティン・ヴァンテージ、メディカルカーにアストンマーティン・DBXを供給する。

FIA会長、ハースF1のニキータ・マゼピンの不祥事に警告 「次はない」

2021年3月7日
FIA会長、ハースF1のニキータ・マゼピンの不祥事に警告 「次はない」
FIA会長のジャン・トッドは、ソーシャルメディアに不適切な動画を投稿したハースF1のニキータ・マゼピンの状況に満足はしておらず、再び同じような不祥事を起こした場合には“深刻な結果”に直面することになると計億下。

ニキータ・マゼピンは、昨年12月に2021年のハースF1チームのドライバーとして発表された直後、車のなかで女性の胸を触ろうとしている動画をinstagramのストーリーに投稿して大炎上した。

ロマン・グロージャン、F1バーレーンGPでのクラッシュの衝撃は67G

2021年3月7日
ロマン・グロージャン、F1バーレーンGPでのクラッシュの衝撃は67G…FIAが調査結果を発表
FIA(国際自動車連盟)は、昨年のF1バーレーンGPにおけるハースF1のロマン・グロージャンのクラッシュの調査を完了。ピーク時の衝撃が67Gに達していたことを発表した。

ロマン・グロージャンは、2020年のF1バーレーンGPで過去数年の最大のクラッシュを喫した。ダニール・クビアトと接触したグロージャンのマシンは高速でバリアに突っ込み、真っ二つに割れて炎上した。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム