「レッドブルがメルセデスF1に追いつければスプリントレースなど不要」とFIA会長ジャン・トッド
FIA会長のジャン・トッドは、レッドブル・レーシングのような上位チームが、メルセデスF1に追いつくことができれば、スプリントレースなどの新しいコンセプトをF1に導入するというアイデアなど必要ないだろうと語る。

リバースグリッドのレースを開催するというアイデアを却下されたが、2021年のF1世界選手権で、日曜日の決勝のグリッドを決めるために、土曜日にスプリントレースを開催するという提案は実現する可能性がある。

このコンセプトは、チームやドライバーで賛否両論があるが、ジャン・トッドは、このようなアイデアは、1つのチーム=メルセデスが支配している期間により多くの競争を生み出すための唯一の方法だと考えている。

「将来により多くの希望があることを期待することしかできない」とジャン・トッドは Cambridge Union に語った。

「フェラーリだけでなく、レッドブルがメルセデスに挑戦でき、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンに挑戦することができれば、それは良いことだ」

「そうであれば、リバースグリッド(レース)などについて考えなくてもいい。なぜ、我々はリバースグリッドについて考えるのですか? 我々は支配を止めるための人工的な方法を見つけようとしているからだ。他のチームがもっと良い仕事をすれば、我々は支配を止める公正な方法を持つことができる」

より多くの競争を生み出す方法としてそのような措置が議論されたのは初めてではない。たとえば、2000年代初頭のフェラーリのF1支配期間は、タイヤ交換を禁止するという新しいタイヤルールの導入により終了した。当時、フェラーリのF1チーム代表であったにもかかわらず、ジャン・トッドはタイヤの交換がレースをよりエキサイティングにすることができると考えた。

また、ジャン・トッドは、給油などのF1の過去の側面(F1に復活させるものとしても議論されている)もF1にスペクタクルに追加すると考えている。

「給油が許可されたとき、それは非常にエキサイティングなレースだった」とジャン・トッドは説明した。

「給油があったとき、それはF1の素晴らしい部分だったと思う」

しかし、ジャン・トッドは、何の変化がなくても、F1は“素晴らしいショー”であり続けると信じていると締めくくった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA