ロマン・グロージャン、F1バーレーンGPでのクラッシュの衝撃は67G…FIAが調査結果を発表
FIA(国際自動車連盟)は、昨年のF1バーレーンGPにおけるハースF1のロマン・グロージャンのクラッシュの調査を完了。ピーク時の衝撃が67Gに達していたことを発表した。

ロマン・グロージャンは、2020年のF1バーレーンGPで過去数年の最大のクラッシュを喫した。ダニール・クビアトと接触したグロージャンのマシンは高速でバリアに突っ込み、真っ二つに割れて炎上した。

FIA(国際自動車連盟)は、昨年のF1バーレーンGPにおけるハースF1のロマン・グロージャンのクラッシュの調査を完了。ピーク時の衝撃が67Gに達していたことを発表した。

ロマン・グロージャンは、2020年のF1バーレーンGPで過去数年の最大のクラッシュを喫した。ダニール・クビアトと接触したグロージャンのマシンは高速でバリアに突っ込み、真っ二つに割れて炎上した。

炎が上がるなか、およそ30秒閉じ込められたロマン・グロージャンだが、なんとか脱出。足を捻挫し、手に火傷を負ったが、幸いにもそれ以外に大きな怪我は負わなかった。

F1の統治機関であるFIAは、ロマン・グロージャンのクラッシュに関する調査結果を発表。調査は、FIAのジャン・トッド会長が議長を務める重大事故研究グループによって検討された。

レポートは、関係者全員へのインタビュー、物理的証拠の検査、入手可能なビデオ資料の分析、およびマシンの事故データレコーダーとドライバーのイヤー加速度計からのデータで構成され、事故時に何が起こったかについての詳細な結果を提供し、FIAが将来的にはさらに安全性を向上させる方法を決定するのに役立った。

「ロマン・グロージャンのマシンは、時速192 km、29度の角度で、ランオフエリアの背後にあるトリプルガードレールバリアに衝突した。進行方向に対して推定22度のヨーがあり、結果として生じるピーク力は67gに相当した」と報告書は述べた。

「バリアの中央レールの破損と上部レールと下部レールの大幅な変形に続いて、サバイバルセルはバリアを貫通することができ、バリアの上部レールに対する一次ロール構造によって拘束されて、バリアの後ろに静止した」

「パワートレインアセンブリがサバイバルセルから分離するなど、衝撃の際にマシンは大きな損傷を受けした。シャシー左側の燃料タンク検査ハッチが外れ、エンジン燃料供給接続が燃料タンクの“安全ブラダー”から引き裂かれました。どちらも、タンクから燃料を逃がすための主要な経路を提供する」

「ヘルメット、HANS、安全ハーネスなどのドライバー安全装置、サバイバルセル、シート、ヘッドレスト、Haloフロントコックピット保護は、ドライバーのサバイバルスペースを保護し、衝撃時にドライバーにかかる力を管理するために、仕様に従って実行された」

「高電圧エネルギー回生システム(ERS)バッテリーは大幅に損傷し、ERSバッテリーアセンブリの一部はパワートレインに取り付けられたままで、他の部分はサバイバルセルに取り付けられたままだった」

バリアとの衝突の直後、ロマン・グロージャンのマシンはすぐに炎に包まれ、サバイバルセルの後部から彼の方へ向かってきた。グロージャンは車から脱出しようとしたときに左足が動かなくなったが、レーシングブーツ、ヘッドレスト、ハンドルを外した後、残骸から解放された。

報告によると、レースは事故から5.5秒以内に赤旗が提示され、FIAメディカルカーはグロージャンの衝突から11秒以内に現場に到着した。これは、ターン1を回避するための近道をとったことも一因だった。

「FIA F1メディカルレスキューコーディネーターのイアン・バーツ博士、FIA F1メディカルカードライバーのアラン・ファン・デル・メルウェ、そして地元の医師を乗せたメディカルカーの到着は、それぞれが事前に決められた役割を果たしていることを即座に支援した」

「イアン・ロバーツはすぐに事件の現場に行き、コックピットの周りで乾燥粉末消火器を操作するようにマーシャルに指示した。そこで彼はロマン・グロージャンが出口を作ろうとしていることを確認した。アラン・ヴァン・デル・メルウェは、地元の医師が外傷バッグを準備している間、FIAメディカルカーの後部から消火器を回収した」

ロマン・グロージャンは27秒後にようやく燃えているマシンから逃げることができ、両手の後ろ側の火傷を除いて無傷で現れた。病院で3日間過ごした後、彼は2020年12月2日に退院した。

調査の結果、FIAはドライバーの安全性に関して改善が可能な合計22の領域を特定した。それらには、マシン(具体的には、燃料電池、ステアリングコラム、サバイバルセル)、およびサーキットに加えることができる変更が含まれ、バリアの設置と配置が見直されている。

「これらの調査から、F1とグローバルモータースポーツの安全性を向上させるという我々の継続的なミッションを推進するための重要な学びが得られました」とFIA会長のジャン・トッドは語った。

「モータースポーツに関連するリスクを軽減、特に安全部門に対するFIAの永続的な取り組みにより、ロマン・グロージャンは意識を維持し、この規模の事故を乗り切ることができた。安全性はFIAの最優先事項であり、今後も変わることはない」

FIAが取り組む予定の分野の完全なリストは次のとおり。

車両
・サバイバルセルの前面形状の調整、およびその領域での追加の負荷テスト
・バックミラーに関する既存の規制のレビュー
・ステアリングコラムの取り付け要件のレビュー
・ヘッドレストアセンブリの規制およびホモロゲーション要件のレビュー
・パワーユニットの取り付けおよび取り付け故障モードの分析
・進行中の研究プロジェクト:ホイール拘束ケーブル(テザー)
・すべてのFIAシングルシーターカテゴリーにおける安全燃料ブラダーの設置の設計レビュー
・安全燃料ブラダーの設置に関する推奨事項のベストプラクティス
・安全燃料ブラダーのFIA基準の更新
・安全燃料ブラダー接続および検査ハッチの設計に関する規制のレビュー
・ブラダー材料と特定の燃料の適合性を含む燃料ホモロゲーション

サーキット
・定量的影響確率分類を含む、サーキット安全分析ソフトウェア(CSAS)の機能の向上
・既存のサーキットバリア開口部の設置のレビュー
・サーキットのホモロゲーションとライセンス更新のガイドライン/プロセスのレビュー

ドライバー安全装置
・グローブの熱伝達指数(HTI)の改善に関する調査
・進行中の研究プロジェクト:バイザーの開閉メカニズム。プロジェクトの範囲が拡大され、火災にさらされた後にバイザーオープニングシステムが確実に機能するようにするための要件が含まれるようになった。
・進行中の研究プロジェクト:オープンコックピットカー用の消火器システム。プロジェクトの範囲が拡大され、改善されたアクティベーションメカニズムの調査が含まれるようになった。

医療と救助
・代替消火器タイプを含む、医療介入車両機器の更新
・火災後の除染に関するASNガイダンスを提供する
・ASN向けのFIA消防訓練モジュールの継続的な開発
・ASN用のFIA高電圧安全トレーニングモジュールの継続的な開発
・ASN向けのFIAインシデントコマンド/調整トレーニングモジュールの継続的な開発

さらに、FIA安全部門は、次のようなさらなる研究プロジェクトも計画している。

・近接警報システムと電子視界補助装置のオプションの調査
・既存のガードレールバリアの衝撃性能を改善するための改造およびアップグレードオプションの研究
・より広範囲の衝撃条件で効果的な新しいバリアシステムの研究
・現在の消火媒体、消火設備、個人用保護具を評価し、新技術を評価するための研究

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ロマン・グロージャン / FIA / ハース