F1:決勝後に1台のF1マシンをランダムに選択して規則違反を詳細チェック
FIA(国際自動車連盟)は、2021年の決勝後にF1マシンに対する“より深い技術チェック”を実施し、すべてのチームが規制に準拠していることを確認する。

FIAの技術部門は、現在レースごとに実施している定期点検に加えて、FIAの技術代表であるジョー・バウアーが「「レース後の各イベントでランダムに1台のマシンを選択」して検査を実施する。

今週末の開幕戦のF1バーレーンGPに先立って発行されたFIAブリテンは次のように述べている。

「チャンピオンシップのマシンのより深い技術チェックを完了するために、技術代表は、より深い分解、適合性チェック、ソフトウェアとシステムのチェックのために、レース後の各イベントで定期的かつランダムに1台の車を選択する」

「追加のチェックは、競合他社の他の車でも実行される場合がある。これらのチェックは、FIAの技術部門によって実行され、各イベントの終了時に報告される定期的なチェックに追加される」

より深いチェックは標準的な手順よりも時間がかかると予想されるため、FIAは、最終的な順位は通常どおりリリースされるものの、「継続的な定期的な技術チェックの対象」としてマークされるとしている。

FIAの技術代表は、不規則性が発見された場合にレポートを発行し、FIAは関連する部分を押収することによって「証拠を保護する」権限を持つ。

「イベント後に行わなければならない決定に関しては、国際スポーティングコードの第11.9.3.t条に従って、スチュワードの調査が必要な場合、スチュワードは再召集するか、次のスチュワードパネル、もしくはその目的のためにFIAによって組み立てられたパネルに権限を委任することができる

「イベント後に行わなければならない決定に関して、ISCのArt [icle] 11.9.3.tに従って、スチュワードの調査が必要な場合、スチュワードは再召集するか、次のスチュワードのパネルに権限を委任することができます。 、またはその目的のためにFIAによって組み立てられたパネルに」と報告書は結論付けました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / FIA