F1:2021年はオープニングラップの接触事故などの処分をより厳格化
F1レースディレクターのマイケル・マシは、2021年はオープニングラップのインシデントに対してより厳格なアプローチをとることをF1ドライバーたちに伝えた。また、レース中の段階関係なく、ブレーキングエリアを移動したり、後続のマシンに反応して遅れて移動することへの許容度も狭められる。

近年、FIA(国際自動車連盟)は「レースをさせる」という哲学に従い、通常は1周目に接触をレースインシデントとして片づけることが多かった。

しかし、昨シーズンからペナルティを科すことが議論され、F1バーレーンGPでのロマン・グロージャンのクラッシュもこのテーマにより大きな焦点を当てた。

「いくつかのフィードバックと、ドライバー、チームスポーツディレクター、チームプリンシパルとの継続的な話し合いに基づいて、レースの原則の下で、最初のラップのインシデントについてもう少し振り返るような調整が必要だと感じた」とマイケル・マシは語った。

「それらはレースの他のラップでの事件とは異なる方法で扱われると言っておこう。我々はまだリベラル(自由主義)なアプローチを取っている。だが、おそらく昨年ほどリベラルではない。そして、それは、文字通り、昨年までのドライバーとチームからのフィードバックによってもたらされた。彼らは、我々がもう一段階戻る必要があると感じていた。彼らは完全に同じ状態に戻ることを望んでいないが、少しダイヤルを調整した」

マイケル・マシは金曜日の夜にバーレーンで行われたF1ドライバーズブリーフィングでこの問題について話し合い、F1ロシアGPでシャルル・ルクレールとランス・ストロールがレースから外れたインシデントの映像を例に説明した。

「ケース・バイ・ケースだがね」とマイケル・マシは語った。

「昨年にもので、ペナルティを科す可能性が高い例をいくつか共有した」

「私はロシアのものを使用した。それはペナルティを科す可能性が高い非常に良い例だった。金曜日の会議の前でさえ、そして、その後でさえ、それについて何人かのドライバーと話したので、何の不安もない。彼らは皆、それに非常に賛成していると思う」

また、本質的には、フィールドが少し広がり始めたときに、最初のコーナーよりもラップの周りで発生するインシデントにはより厳密なアプローチが適用される可能性がある。

「ロシアでのインシデントは、私が容認できないと言ったインシデントだった。ランスはマシンがひっくり返り、シャルルは侵略者だった。典型的な例だった」

「もちろん、マシンのグループにいる場合は責任を割り当てることははるかに困難だ。しかし、2台だけで、誰かが全体的または主に責任を負っている場合、それは少し詳しく調べられるし、それほど寛大ではない可能性がある」

「誤解しないでほしいが、すべてのインシデントと同様に、常にグレーゾーンがまだある。同じものは2つとないため、どのインシデントでも白黒つけられるわけではない」

また、マイケル・マシは、現在、限界がどこにあるかを示すために、ブレーキングエリアでの遅い動きのビデオを再生した。

「ブレーキをかけた状態での動き、または後ろのマシンに反応した遅い動きに関しては、ドライバー自身が昨年まで何度も実際に提起してきたものだ」

「彼らは、これは私たちが安全性の観点からもっと取り締まる必要があると言っていた。そして、我々はその道に沿って非常に継続しており、彼らは皆賛成している」

「その一例は、当時叱責されていたシルバーストンのロマン(グロージャン)とダニエル(リカルド)でした。ポルトガルのセルジオ(ペレス)とピエール(ガスリー)もまた別の例だ」

「反応の遅い動きだったが、彼らは皆、ブレーキング中のものは絶対に取り締まる必要があると言った。それが我々がより厳密な見方をするつもりだと言ったことだ」

「私が彼らに言ったように、いわば白黒で明確に定義できないものもある。しかし、公平を期すために、彼ら全員が、我々が話していることを知っており、我々が正しいことをしているのか間違っているのかを知っていると言っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA