F1セーフティカードライバー、アストンマーティン車両の導入に“緊張”
長年のF1セーフティカードライバーであるベルント・マイランダーは、アストンマーティンの車両が導入される2021年シーズンについて“ナーバス”に
感じていることを認める。

1996年以来、F1では、メルセデスが公式F1セーフティカーを独占的に供給してきたが、2021年のF1世界選手権では、メルセデスに加えて、史上初めてアストンマーティン・ヴァンテージが公式セーフティカーとして導入される。

長年のF1セーフティカードライバーであるベルントマイレンダーは、2021年シーズンについて「神経質」に感じていることを認めています。

「今まで新シーズンについてここまで緊張したことはなかった」とベルント・マイランダーは Formule1 に認めた。

ベルント・マイラインダーは、先週、“人生で初めて”アストンマーティン・ヴァンテージを運転したと語った。

だが、なぜそんなに緊張するのだろうか?

「まったく新しいものだからね」とベルント・マイランダーは語る。

「F1にはとって良いことだ。僕は長い間メルセデスAMGを運転してきた。そして、今、別の素晴らしい、歴史的でクールなブランドが到着した。それは常にF1にとって良いことだ」

ベルント・メイランダーは、アストンマーティンを“すぐに快適に感じた”と語った。

「もちろん違いはある。でも、あなたはすぐに慣れるものだ」とベルント・マイランダーは語る。

「どちらもAMGエンジンを搭載しているけど、メルセデスの方が少し強力だ。でも、245kphと250kphにほとんど違いはない。僕にとって最も重要なことは、クルマがコース上で完璧に動作することだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA / アストンマーティン