フェラーリF1、マッティア・ビノットの更迭を金曜日にも発表?
フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットの将来についての憶測が勢いを増しており、イタリア紙は早ければ11月25日(金)にも退職が発表されると報じられている。

マッティア・ビノットは、F1アブダビGPでのシーズンフィナーレの前夜、フェラーリが現在アルファロメオのチーム代表を務めるフレッド・ヴァスールを彼の後任として採用するとの噂の中心にいた。

しかし、フェラーリはすぐにその話を否定し、マッティア・ビノットとフェラーリのF1ドライバーはアブダビの週末に変更の話を繰り返し軽視した。

しかし、問題は解決していないようで、金曜日にイタリアの有力紙Corriere della Seraは、マッティア・ビノットが辞任は発表寸前であると報じた。

記事によるは、マッティア・ビノットとフェラーリの上級管理職の間で、退社条件について合意するための交渉が進行中であるとし、チームからの正式な発表は、早ければ金曜日に行われる可能性があることが伝えた。

フェラーリは金曜日、この件に関して「公式」に言うべきことは何もないと述べている。

Corriere della Seraは、マッティア・ビノットがジョン・エルカン会長の完全な信頼を感じていなかったので、フェラーリに留まるべきではないという結論に達したと主張した。

ジョン・エルカン会長は、F1イタリアGPの頃、今シーズンのレッドブルに対してより良いチャレンジを開始できなかったため、フェラーリF1チームでのマッティア・ビノットの地位が脅かされているという話を却下していた。

しかし、マッティア・ビノットは、フェラーリが今シーズン貴重なポイントを失った重大なエラーを解決する必要があると明確に述べていた。

「我々はマッティア・ビノットに大きな信頼を寄せており、彼と我々のすべてのエンジニアが成し遂げたことすべてに感謝している。だが、マラネッロ、ガレージ、ピットウォール、そして、ホイールでの仕事は改善する必要があることに疑いの余地はない」とジョン・エルカンは Gazzetta dello Sportに語った。

「我々は進歩を続けなければならず、それはメカニック、エンジニア、ドライバー、そして、もちろんチーム代表を含む経営陣全体にも当てはまる」

「信頼性、ドライビング、​​戦略に関して、我々はまだあまりにも多くの間違いを犯しているのを見てきた」

「ビノットと彼のチームに信頼を置くことは正しい決断であり、それは報われた。彼らのおかげで、我々は競争力があり、再び勝利を収めている。しかし、我々は常により向上できると思っているので私は満足していない」

先週末のアブダビで、マッティア・ビノットは、フレデリック・ヴァスールの話を受けて、ジョン・エルカンから彼の将来について再び保証を受けたと語った。

「もちろん、この憶測が出たとき、私は会長のジョン・エルカンと話をした」とマッティア・ビノットは語った。

「我々は前進するための最良の方法は何かを率直に話し合った。声明を発表することが、おそらく憶測を終わらせる最良の方法であると判断した。明らかに完全に根拠のない憶測が存在する」

シャルル・ルクレールがランキング2位を確保し、フェラーリがコンストラクターズ選手権で2位を獲得するという週末の目標を達成したアブダビGP以降、状況が変わったかどうかは不明だ。

マッティア・ビノットはフェラーリの重鎮であり、1995年に最初にチームに加わり、2019 年の初めにマウリツィオ アリバベーネの後任としてチーム プリンシパルに昇格した。

マッティア・ビノットのフェラーリからの退団が確認された場合、チームは2023年にコース上で前進するための一歩を踏み出すことを望んでいる重要な冬の前に、後任を追いかけることになる。

フレデリック・ヴァスールは当然のターゲットだが、チームが来年のF1マシンに集中するため、フェラーリのCEOであるベネデット・ヴィニャを一時的な代役として問題を監督するという選択肢もあると考えられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ