フェラーリF1首脳 「レッドブルの直線スピードは優れたプロテクション」
スクーデリア・フェラーリのスポーティングディレクターを務めるローラン・メキーズは、レッドブルの現在の直線速度のアドバンテージは、他チームよりも「非常に優れたプロテクション」を提供していると語る。

レッドブル・レーシングは、F1アメリカGPでマックス・フェルスタッペン優勝、セルジオ・ペレス4位という結果により、2013年以来となるF1コンストラクターズチャンピオンシップを獲得した。

これは、マックス・フェルスタッペンにとって今シーズン13勝目であり、ミハエル・シューマッハとセバスチャン・ベッテルが共有するシーズン最多勝利記録に匹敵し、両方のタイトルを独占した後、レッドブル・レーシングにとってシーズン15勝目となった。

マックス・フェルスタッペンは、レッドブルRB18の直線速度のアドバンテージに助けられて、ピットストップでのホイールガンの故障でのタイムロスから反撃し、シャルル・ルクレール(フェラーリ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)を追い抜て勝利を挙げた。

レッドブル・レーシングのピットストップが遅れたき、シャルル・ルクレールは12番グリッドから挽回していたが、数周しか前にいられなかった。

マックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレールとルイス・ハミルトンの両方をDRS を使用してバックストレートでパス。二人とも抵抗することができなかった。

「彼らが他のすべての競技者にトップスピードでアドバンテージを持ってレースをするのはこれが初めてではない」とフェラーリのF1スポーツディレクターであるローラン・メキーズはレース後に語った。

「彼らはそれに対処することができたし、今日のような戦いがあれば確実にアドバンテージになる。我々が常に心掛けているのはラップタイムとトップスピードのバランスを取ることだ。結論として、彼らは今年のほとんどの日曜日と同じように今日も少しペースアドバンテージを持っていた」

「彼らはトップスピードによって我々の攻撃から非常に優れたプロテクションを得ることができる」

マックス・フェルスタッペンの勝利により、レッドブル・レーシングの連勝は8レースに延長され、レッドブル以外での最後の勝利は、フェラーリのシャルル・ルクレールが勝利した7月のオーストリアGPまで遡ることになる。

シャルル・ルクレールのチームメイトであるカルロス・サインツJr.は、ポールポジションからレースをスタートさせたが、最初のコーナーでジョージ・ラッセルに接触されてスピン。接触によってマシンに損傷を負い、オープニングラップの終わりにレースからリタイアを余儀なくされた。

「数百メートル後にカルロスをあのような形で失ったのは少しショックだった。こういったことが起こるのを見るのは非常にまれなことだ」とローラン・メキーズは語った.

「ゲームの一部ではあるが、残念だ。なぜなら、素晴らしい機会だったからだ。そして、我々全員が、我々がレッドブルとメルセデスがペース的に近かったと考えている。カルロスもその戦いにいれば素晴らしかっただろう」

シャルル・ルクレールは最終的に3位でレースを終えたが、自分の速さとペナルティがなかったらどのような結果が可能だったかを考えると、少しがっかりしたことを認めている。

ローラン・メキーズは「12番手からスタートしたシャルルが、フィールドを通過してある段階で2番手をかけて戦っていたことは素晴らしい方法だった。シャルルとチームは非常によくやった」とローラン・メキーズは語った。

「フィールドを前進するための良い方法でだった。ある段階では、マックスとの良い戦いでもあったと思う」

「彼は非常に懸命に戦ったが、おそらく我々はレースコンディションでマックスに比べて少し劣っているが、間違いなくシャルルはうまくやった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / レッドブル / F1アメリカGP