フェラーリF1代表 「セルジオ・ペレスは2つのペナルティを受けるはず」 / F1シンガポールGP 決勝
フェラーリF1のチーム代表であるマッティア・ビノットは、F1シンガポールGPでセルジオ・ペレスがセーフティカーから10車身以内に留まらなかった場合、2つのペナルティを受ける可能性があると考えている。

レースウィナーであるセルジオ・ペレスは、レース再開時にセーフティカーから10車身以内に留まるというルールを守らなかったとして、FIA スチュワードの調査に直面している。

フェラーリF1のチーム代表であるマッティア・ビノットは、彼のチームは、セルジオ・ペレスが2回規則に違反した可能性があると感じているため、調査に「興味がある」と語った。

アントニオ・ジョビナッツィが同様のペナルティを受けたことに言及したマッティア・ビノットは、シャルル・ルクレールに勝利をもたらすペナルティを望んでいるが、事件を判断する前に調査結果を待ちたいと語る。

セルジオ・ペレスは、シャルル・ルクレールに7.595 秒差でレースに勝利しましたが、合計10 秒のペナルティが与えられた場合、ルクレールが勝利することになります。

「午後23時55分に行われるスチュワードの決定を待つ必要がある。非常に興味深い。セーフティカーの後ろで2回の違反があったので、2回のペナルティになる可能性がある。しかし、彼らが決定することだけを信頼することができる」とマッティア・ビノットは Sky Sports F1 に語った。

「我々はそれが違反だと信じている。最後に起こったのは2020年のジョビナッツィだったと思う。5秒のペナルティだった(ジョビナッツィは2019年のシンガポールGPでセーフティカーの後ろのクレーンに近づきすぎたとして10秒のペナルティを受けた)」

「再び我々はそこにいないし、召喚に参加しないので、判断するのは難しい。だから、我々は待つだけだが、今日の最終結果を変えることができることを願っている」

レッドブルのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、タイヤの温度を維持しようとしているときにF1マシンの間隔が広げるため、状況が緩和されたと感じており、セルジオ・ペレスがペナルティを受けるとは考えていない。

「彼らは彼の話を聞いている。しかし、我々が見た前例は非常に多いと思う。フィールドの上下の両方でアコーディオン効果が起こった最近の過去でさえ、我々はそれを目にしている。フォーメーションラップでもそれを目にしている」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「繰り返しになるが、その問題を緩和したのは、セーフティカーが非常にゆっくり走っていたことだった。彼らはインタータイヤで30周ほどを費やしていたが、全員がスリックタイヤを履いていた」

「彼らが最初に彼の前に出たので、チェコが急がなければならないと叫んでいるのが聞こえた。彼はタイヤに温度を感じなかった。何かあったら絶対に驚かされるだろう」

シーズンの早い段階で、セバスチャン・ベッテルはF1カナダ GP で同じ違反の調査に直面し、ペナルティを回避している。

セルジオ・ペレス、5秒ペナルティ+戒告処分でF1シンガポールGP優勝が確定

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / レッドブル / F1シンガポールGP / セルジオ・ペレス