セルジオ・ペレス、5秒ペナルティ+戒告処分でF1シンガポールGP優勝が確定
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1シンガポールGPで2つのセーフティカーの侵害行為に対して5秒ペナルティと戒告を受けたが、マリーナ・ベイでの勝利はスチュワードによって支持された。

セルジオ・ペレスは、8周目から10周目までとレース後半の36周目から39周目までの2つの別々のセーフティカー期間で10台車身を維持できなかったとして記録され、レース後にスチュワードに召喚された。

最初の例では、セーフティカーのライトが点灯している間、セルジオ・ペレスはレースのリーダーが義務付けられているように、10車身以内を維持できなかったことが認められました。2つ目の例でも同様の違反が確定した。

しかし、最初のケースでは、スチュワードは雨のコンディションを考慮してペレスに「緩和的な状況」を与え、戒告処分とした。。

2つ目のケースは、セルジオ・ペレスによる第 55.10 条の繰り返しの違反であり、レース ディレクターからの明示的な警告に続いたため、スチュワードは5秒のタイムペナルティを科した。

しかし、セルジオ・ペレスは、2位のシャルル・ルクレールに7.595秒差をつけてチェッカーを受けたため、タイムペナルティおの影響を受けないことが判明した。

「少し誤解がありました」とスチュワードのオフィスを訪れた後、セルジオ・ペレスは語った。

「セーフティカーについていくことができた場所では、彼は非常に遅かった」

「しかし、これらのコンディションは普通ではないと思う。僕たちが直面していた状況、特に最終セクターでの状況は非常にトリッキーだったことは完全に理解できる」

「スチュワードは僕の説明に満足し、理解してくれた」

セルジオ・ペレス F1シンガポールGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / F1シンガポールGP