ロバート・シュワルツマン、フェラーリF1とのルーキーFP1に「興奮」
ロバート・シュワルツマンは、2022年シーズン後半にスクーデリア・フェラーリでF1レース週末にデビューし、2回のプラクティス セッションに参加することに「興奮している」と語った。

フェラーリF1チームのテストドライバーであるロバート・シュワルツマンは、ルーキードライバーにプラクティスセッションの機会を与えるという2022年のF1レギュレーションを満たすためにシーズン後半に2回のFP1でチームのために走ることが計画されている。

2019年のFIA-F3チャンピオンであるロバート・シュワルツマンは、2月のウクライナ侵攻を受けてFIA(国際自動車連盟)がドライバーにロシア国旗の使用を禁止した後、イスラエルのライセンスを使用して出場することになる。

ロバート・シュワルツマンは、昨年アブダビで行われたシーズン終了後のF1ルーキーテストに参加し、スクーデリア・フェラーリとカスタマーのハースF1チームの両方でドライブを行ったが、F1レースウィークエンドにはまだデビューしていない。

ロバート・シュワルツマンは、フェラーリのマラネッロの拠点でのインタビューで「このアイデアには興奮している」と語った。

「どのイベントでコースに出るかはまだ正確にはわからないけど、間違いなく良い瞬間になるだろう」

「レース週末にフェラーリを運転できることを誇りに思うし、シミュレーターでエンジニアと行っている相関作業を検証することにも非常に興味がある」

「僕たちは非常に多くの時間を費やしてバーチャルカーを改善し、可能な限り現実に近づけてきた。今、この作業の結果を直接見るのが待ちきれない」

ロバート・シュワルツマンは今年、フルタイムで参戦することはなく、昨シーズンの終わりにF2を離れた後、フェラーリのドライバーであるシャルル・ルクレールとカルロス・サインツのサポートに専念している。

フェラーリは、昨年末に向けたトライアルの後、2022年シーズンに向けてオンラインになった新しいシミュレーター施設に多額の投資をした。

ロバート・シュワルツマンは、今年はレーシング プログラムがないため、フェラーリのレースチームに「完全に没頭」することができ、シミュレーターの仕事は最近のF1マシンでのプライベートテストによって補完されていると語った。

ロバート・シュワルツマンは、近い将来にF1シートを獲得することが彼の目標であることを明らかにしたが、彼とフェラーリが2023年の計画について決定を下すのはまだ「少し早い」と語った。

「チャンスをつかむためにベストを尽くす」とロバート・シュワルツマンは語った。

「もちろん、今シーズンの仕事が自分の助けになることを願っている。

「正直なところ、僕は実際にはプランBを持っていない。F1に進まない場合、代替プロジェクトがすでに存在するようなものだ。自分に何ができるかを考えることもあるけど、今日現在は完全F1に集中している」

フェラーリは4月に、ロバート・シュワルツマンがイスラエルのライセンスに切り替え、計画された練習走行を含め、F1の潜在的な機会に備え続けることを確認した。シュワルツマンは、テルアビブで生まれ、人生の最初の3年間をイスラエルで過ごしたことで、その資格がある。

「もちろん、僕はずっとイスラエルのパスポートを持ってした。このため、ロシアとウクライナの間の状況が悪化したとき、僕はイスラエルでライセンスを申請することに決めた」とロバート・シュワルツマンは語った。

「結局のところ、僕はドライバーになりたいと思っている。F1に到達することが僕の唯一の目標であり、モータースポーツ当局が決定を下すのを待っていた。その後、彼らは決断を下し、フェラーリが僕を車に乗せる必要な場合に再び利用できるようにする必要性がすぐに生じた」

「僕たちは、潜在的な機会を逃さないように迅速に対応した」

ロバート・シュワルツマン F1 スクーデリア・フェラーリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ