ジャン・アレジ、フェラーリF1ファンに提言 「チーム批判はやめよう」
元F1ドライバーのジャン・アレジは、否定的な見方をしても状況はスクーデリア・フェラーリの改善されないと考えており、フェラーリの熱狂的なファンであるティフォシはチームを批判すべきではないと語った。

フェラーリは、チーム側の疑わしい戦略コールが多発しており、過去数週間、多くのファンから〕厳しい視線が注がれている。

前回のF1ハンガリーGPでは、シャルル・ルクレールがレースに勝てるポジションにいたが、ハードタイヤに交換するとペースが著しく低下し、6位まで落ちてチェッカーフラッグを受けた。

現在、フェラーリは、コンストラクターズチャンピオンシップで現在レッドブルに97ポイント差をつけられているため、タイトルの可能性は薄れてきている。

同様にドライバーズ ランキングではマックス フェルスタッペンが大きくリードしており、シャルル・ルクレールに80ポイント差をつけている。

スクーデリア・フェラーリで5シーズンF1を戦ったジャン・アレジは、困難な時期にファンがフェラーリにプレッシャーを与えるべきではないとCorriere della Seraに語った。

「ジェットコースターのように感じる季節だし、それが感情と反応を高めている」とジャン・アレジは語った。

「勝利を夢見ることは、敗北を情熱を持ったスポーツドラマに変える。それはサッカーの応援を思い起こさせる」

「私もハンガリーのことを考えて苦しんでいる。戦略の前でさえ間違いがあった。だが、どのファンにとってもフェラーリに悪影響を及ぼすことは良いことではないし、チームに何の利益ももたらさない」

「情熱は強い感情で構成されているため、爆発するたびにこのように理解している。レースを分析して、その方法と理由を理解しようとすることもできるが、今はその必要はない」

「むしろ、それは私の側では、それは、持ちこたえ、破壊しないよう誘発するのに役立つ。 ネガティビティは何も良いことをもたらさない」

「私はこのフェラーリ(チーム)を愛したいと思っている。なぜなら、敗北につながるすべてのミスに対して最初に苦しむのはフェラーリの男たちだからだ」

フェラーリは今年グランプリで4勝しかしていないが、レッドブルはその2倍となる9勝を挙げている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ