フェラーリF1、FIAのポーパシング対策への異議申し立てを除外せず
スクーデリア・フェラーリは、F1で物議を醸している『反ポーパシング』の取り締まりに対して異議申し立てをする可能性を除外していない。

先週末、レッドブルとフェラーリが合計6チームの連立を主導し、FIA(国際自動車連盟)によるポーパシング/バンシングを防ぐためのより厳格なコントロールの推進に抵抗していると報じられた。

彼らは、FIAの推進の背後にはメルセデスF1チームの苦闘があるのではないかと疑っている。

レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは「特定のチームが車高を低くしてそのコンセプトの恩恵を受けることができるようにするための来年のレギュレーションを大幅に変更するロビー活動が非常に多いと思う」と語った。

フェラーリの副社長であるピエロ・フェラーリは、フェラーリはレギュレーションの変更に反対する「理由を主張する」意向だと語った。

「我々は我々の理由を主張するつもりだ」と父親がチーム創設者のエンツォ・フェラーリであるピエロ・フェラーリはAutosprintに語った。

「我々はいかなる搾取にも反対する」

「何年もの間、フェラーリはメルセデスに対してエンジンの赤字を抱えていましたが、我々はいかなる恩恵や近道も求めなかった」

「我々は尊厳を持って負け、沈黙の中で挽回に取り組んだ。対戦相手もそのように振る舞うべきだと思わないか?」

フェラーリの明るい面は、まったく新しい2022年のレギュレーションの初年度の成功という点で、レッドブルよりも優れた仕事をしたことだ。

「会社として、我々はレーシング部門がこれまでに達成したことを誇りに思っている」とピエロ・フェラーリは語った。

「我々は困難な時期を脱し、今ではすべてのトラックで競争力のある車を手に入れた。もちろん、修正すべき点と完璧にしなければならない詳細がある」

「しかし、このフェラーリは非常に競争力がある。もちろん、もっと頻繁に勝ちたいし、チェッカーフラッグでの勝利で、これまでのポール(8回)を逆転できれば素晴らしいだろう。これまでのところ、それは4回だ。ちょうど半分だ」

「しかし、我々は正しい道を進んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ