フェラーリF1、イギリスGPでアップグレード版パワーユニットを投入
スクーデリア・フェラーリは、2022年F1マシンの開発プログラムを推進している。

イタリアのスポーツ新聞LaGazzettadello Sportによると、スクーデリア・フェラーリは、アップデートされたF1パワーユニットの助けを借りて、シャルル・ルクレールを世界選手権のリードに戻すことを目指している。

来月のイギリスグランプリでデビューする予定のこの開発は、印象的な新しい2022年F1エンジンの電子パーツまたは“ハイブリッド”パーツのアップグレードであると報告されている。

伝えられるところによると、今週末のバクーではマイナーな車のアップグレードが行われ、1週間後のモントリオール、そして、8月のスパでさらに重要な空力のアップグレードが行われるという。

F1エンジンのアップグレードに関しては、シルバーストンの電気的なアップグレードは「FIA規制の下でまだ改善を行うことができるパワーユニットの唯一のエリア」となる。

「それは馬力だけでなく、開発が許される信頼性でもある」

しかし、シャルル・ルクレールは許可されたMGU-Hユニットを基数を使い果たしているため、「フェラーリがシルバーストーンの前にコンポーネントを交換した場合、パワーユニットの進化バージョンが導入されたときにグリッドペナルティが発生する可能性がある」という。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーをヘルムート・マルコは、今年はメルセデスとフェラーリを含む上位3チームが使用するF1エンジンのパフォーマンスがすべて拮抗していると語る。

「昨年のルイス・ハミルトンのエンジンにあった奇妙なエンジン出力のアドバンテージはもうないと思う」とヘルムート・マルコはformel1.deに語った。

ヘルムート・マルコは、ルイス・ハミルトン、特にジョージラッセルは、シーズンの悪いスタートの後、最近競争力が高まっていると述べ、「彼らはこれを一貫して行っていない」と述べた。

「そのため、そのラップタイムがどこから来ているのかを推測するのは難しい。しかし、メルセデスの話を聞いていると、彼らもそれを知らないという印象を受ける」

「危険なのは、メルセデスに確実にポテンシャルがあるということだ。もし、彼らが今よりも多くの装備を手に入れることができれば、彼らはグリッドの最前線に戻ることができるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1イギリスGP