フェラーリF1代表 「ルクレールの成熟したパフォーマンスは今や習慣化」 / F1オーストラリアGP決勝
スクーデリア・フェラーリは、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの決勝レースでシャルル・ルクレールが今季2勝目を挙げた。カルロス・サインツはリタイアでレースを終えた。

ポールポジションからスタートしたシャルル・ルクレールは、後続を寄せ付けない走りでグランドスラム(ポールポジション、ファステストラップ、全ラップをリードして勝利)を達成。チャンピオンシップのリードを大きく広げた。

カルロス・サインツは、予選でのスターターの故障、決勝でも直前にステアリングの故障に見舞われたことが焦りを生み、2周目のターン9でコントロールを失ってターン10のグラベルに出て、脱出できなくなりレースは終わった。

マッティア・ビノット(チームプリンシパル)
「非常に嬉しい。勝つことは常に素晴らしいことだ。また、このような結果にふさわしいチーム全員の士気を高める。困難な瞬間に正面から向き合い、あらゆる機会を最大限に活用するための正しいメンタリティを発達させている。F1でトップに立つには、すべてを完璧にこなせなければならないといつも言っていますが、今日のレースはそれを証明したと思う。シャルルは今や習慣になっている成熟したパフォーマンスを披露した。カルロスにとっては残だ。彼の週末は予選とレースの両方での一連の状況によって複雑になり、パフォーマンスに影響を与えた。私は彼をよく知っているし、彼がネガティブをアドバンテージに変え、次に車に乗ったときに強く戻ってくると信じる。シーズンのスタートはポジティブであり、過去数ヶ月の仕事は成果を上げている。今後も自分たちに集中し、1レースごとに進めていく。我々はイースターで家族と一緒に時間を過ごすが、そこから戻り、イモラで行われる次のレースに取り組むことがさらに重要になる。イモラに行くのが待ちきれない。今年の良いスタートを共有するために、サーキットがファンでいっぱいになるのを楽しみにしている」

シャルル・ルクレール(優勝)
「なんて素晴らしい勝利だ! ペースをうまくコントロールできたし、かなり競争力があった。ハードにプッシュしても、タイヤデグラデーションに苦しむことはなかった。車はとにかく素晴らしかったし、レースの内容にはとても満足している。理論上では僕たちにとって厳しいトラックだと予想していたけど、実際にはとても強かったので、データを見直さなければならない。素晴らしいシーズンのスタートとなっているけど、とても長いチャンピオンシップのまだ3レース目だということを肝に銘じておかなければならない。現時点でリラックスしている余裕はないし、物事や何よりも開発をしっかりコントロールしなければならない。チームの全員を祝福したい。みんなで成し遂げた素晴らしい仕事! ここまでの内容を誇りに思っているし、戦い続けるのが待ちきない。フォルツァ・フェラーリ!」

カルロス・サインツ(DNF)
「間違いなく消化するのが難しい週末だ。昨日はレースを楽しみにしていたけど、スタート前から問題が発生した。グリッドへのラップで、ステアリングホイールのスイッチに問題があった。フォーメーションラップの1分前に交換しなければならなかったけど、残念ながら、スタート時にアンチストールが効いた。タイヤの準備ができていないのにプッシュするのが早すぎたし、挽回してオーバーテイクしようとしてミスをしてしまった。Q3まで週末は順調だったけど、それ以降はすべてがうまくいかなかった。慎重に分析し、学び、先に進んでいきたい。車の感触は良かったし、チームとシャルルの勝利を祝福したい。イモラではもっと強なって戻ってくる」

スクーデリア・フェラーリ F1 オーストラリアグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1オーストラリアGP