フェラーリF1、2022年型F1エンジンに“超高速”燃焼技術を導入
フェラーリF1は、F1エンジンが凍結された2022年に向けてパワーユニットで飛躍的な進歩を遂げていると確信している。

フェラーリF1は、2019年のF1シンガポールGPでセバスチャン・ベッテルが勝利を挙げて以来、表彰台の頂点からは遠ざかっている。2019年はそれ以外にもシャルル・ルクレールが2勝を挙げたが、F1エンジンの違法性が疑われ、それに続く技術指令とFIAとの秘密の取り決めにとって、フェラーリのF1エンジンは大幅にパフォーマンスを下げた。

その結果、フェラーリF1は、2020年はコンストラクターズ選手権6位という過去40年で最悪のシーズンに耐えることになった。

しかし、2021年は大きく改善し、マクラーレンを抑えてコンストラクターズ選手権3位へと改善。だが、完全に新しいF1マシンが導入される2022年に備えて、2021年F1マシンのシャシーと空力はほぼ無視され、2022年のF1パワーユニット、特に“超高速”エンジンパッケージの開発に最大限の焦点が当てられた。

そして、第15戦F1ロシアGPでは2022年の新型F1パワーユニットのデータ収集を目的として新しいハイブリッドシステムを導入。続く第16戦F1トルコGPではカルロス・サインツにも投入され、マクラーレンとの激しい3位争いで優位に立った。

フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは「過去と比較すると、2020年にはパワーユニットが我々の大きな弱点であり、我々ははるかに遅れていた。現在の我々が位置を見れば、進展は明らかだ」とコメント。

「エンジンをできるだけ早く導入するために可能な限り懸命に取り組んでいるというプレッシャーを感じるなかで、シーズン終了の8レース前にこれを達成できたという事実は、チームによる大きな成果だ」

そして、2022年型のF1エンジンに関してマッティア・ビノットは「2022年パワーユニットには多くのイノベーションが投入されると言うことができる。さらに改善できるとかなり確信している」とコメント。

「パワーユニットでは、ハイブリッドを除いては現在のものとは大きく異なりる。ハイブリッドについては、2022年のルールがどうなるかを予想していたため、2021年に導入した」

「しかし、残りの部分、特に内燃機関では、かなり異なっていると言わざるを得ない。我々は新しい燃料を手に入れた。それはエタノールが10%となり、燃焼を大きく変えた。我々全員が、多かれ少なかれ20馬力を失っている。これは、燃焼自体がかなり変化していることを意味する。そのため、パワーユニットの開発には多くの機会があり、我々はかなりの変更を行った」

ScuderiaFansは、マッティア・ビノットが語ったイノベーションについて以下のように説明した。

「マラネロのエンジニアは、ハイブリッド時代にメルセデスによって十分にテストされた概念に従って、タービンとコンプレッサーの分離する過給システムのアーキテクチャを超えて、非常に革新的なパワーユニットでF1の新時代に突入することを決定した。インテークボックス内にコンプレッサーを導入するという野心があり、吸熱6気筒の上部の前例のない構成で、空気力学にも大いに有利になる」

「高度なソリューションを扱うWolf Zimmermannが率いる技術者グループは、非常に速い点火時間で爆発の段階を確保できる燃焼室を採用するため、“超高速”と定義されたバージョンも研究した。それはスパークプラグなしでスパークを点火することを簡単に実行できるHCCIソリューションに到達することなく、非常に速い点火時間で爆発の段階を確実にし、ディーゼルエンジンで知られている原理にますます近づくことができる燃焼室を採用するためのものだ」

「“超高速”エンジンを使用することで、フェラーリは、空気とガソリンの混合気と燃焼段階をより均一にし、空気とガソリンの混合気と燃焼段階をより均一にするはずだ」

実際、これまでに“超高速”で実施されたベンチテストでは、パフォーマンスと信頼性の両方の点で結果が得られているという。

「マラネロでは、ソリューションが将来に向けて正しいと確信しているが、開発に利用できる時間はあまりなく、2022年ユニットが2024年まで開発の可能性なしに凍結しなければならない場合、リスクを冒してはならない」

「このため、エンジンエンジニアの責任者であるエンリコ・グアルティエリは、エンジンの上部(吸気ボックスのコンプレッサー)でイノベーションを継続するが、これまでに開発されたソリューションから始まるより伝統的な燃焼室に着手することを決定した」

「ベンチテストはレギュレーションによって制限されているため、6月までに2つの燃焼室オプションを並行して実行する時間があるが、夏の初めまでに最終的な構成を選択する必要がある。6気筒の“超高速”バージョンは、ルールが変更されても引き出しに入れることができるという感じでだ」

「フェラーリは常にF1で革新的なアイデアを発表する最前線に立ってきたが、設計の想像力に非常に大きな制約を課した新型コロナウイルスのパンデミックの影響によって条件付けられた瞬間に応じて、技術者の野心を再調整する必要があった」

「革命的なパワーユニットがシーズンに間に合うように完成しないことは、マラネロが受け入れる余裕がないというリスクだ。したがって、パラシュートを予見したのは正しいことだ」

また、フェラーリF1の長年の燃料プロバイダーであり、現在は“イノベーションパートナー”であるシェルは、研究センターですでに驚異的な成果を挙げており、E10燃料で失われる20馬力をすべて取り返すことができており、新たに開発されている2022年型F1パワーユニットは、昨年型の出力値を大幅に上回っているとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1マシン