フェラーリF1代表 「2022年型PUはまったく新しいコンセプトとデザイン」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2022年に導入する“まったく新しい”F1パワーユニットのコンセプトとデザインはほぼ完成しているが、まだ追加のパワーを探していると語る。

2022年にF1には大幅なレギュレーション変更が導入されるため、F1チームは今年を通して2022年F1マシンの開発を優先してきたが、次のパワーユニットはさらに重要になる。

F1エンジン規制は、新しいエンジン型式が2026年に導入されるまで、2022年から事実上凍結される。つまり、2022年のパワーユニットで明らかになった欠点は、今後数シーズンにわたってチームを妨げる可能性がある。

特にフェラーリは、メルセデスとホンダによるF1パワーユニットの覇権争いから一歩後退しているように見え、数年間彼らを悩ませてきたパフォーマンスのギャップを克服しようとしている。

フェラーリは、2021年型パワーユニットにアップグレードをもたらし、シーズン終了までに10~15馬力の追加をもたらすことを望んでいるが、マティア・ビノットは、競合他社に対するディスアドバンテージをできるだけ早く取り戻すことが最優先事項であると強調した。

「2022年型の作業は進んでいる」とマッティア・ビノットはモンツァで記者団に語った。

「進歩しており、通常、現在はシャーシの形状とマシンのコンセプト全体、サスペンションレイアウト、冷却レイアウトを凍結している時期だ。したがって、コンセプトがかなり進んでいるのは確かであり、コンセプトは凍結され、シャシーはすでに生産中に入っている」

「ボディシェイプ、エアロダイナミクス、ボディワーク、ウィングなどの作業を続ける時期だ。間違いなく、パワーユニットにも多くの作業を行っている」

「来年のパワーユニットは、コンセプトとデザインの点でまったく新しいものになる。したがって、我々にできる最も重要な一歩を踏み出すことが重要だ。前に言ったように、パワーユニットのパフォーマンスに関してはまだギャップがあることは分かっている」

「したがって、その目的は、実際には、そのディスアドバンテージを見つけて、それを閉じることだ。だからこそ、エンジンに関しては、非常に懸命に取り組んでいる。まだパフォーマンスを見つける必要があるが、次のシーズンに向けてプロダクトの信頼性を完全にホモロゲートしていく必要がある重要な瞬間だと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ