フェラーリF1、10馬力以上アップのPUアップデート導入に様々な障害
フェラーリのF1マシンに“10馬力以上”をもたらすと期待されているF1パワーユニットの準備が遅れている。

フェラーリは、2019年以来、F1エンジンとその不正スキャンダルによって後れを取っている。この出来事はチーム代表であるマッティア・ビノットをいまだに苛立たせている。

フェラーリのライバルは、彼らが燃料流量センサーで不正行為をしている、もしくはインタークーラーからオイルを燃やしていたと主張し、FIAからのいくつかの技術指令と調査に繋がった

その結果は2020年まで引きずられ、フェラーリは1勝もできずに獲得できず、コンストラクターズ選手権で6位に沈んだ。

今シーズンまでにフェラーリはパワーユニットの様々な部分を改善させてペースを向上させており、コンストラクターズ選手権でマクラーレンと3位を争っている。

しかし、フェラーリが“10馬力以上”のパワーアップを期待しているF1パワーユニットのアップグレードは、トルコもしくはオースティンまで遅れることになるようだ。

Auto Motor und Sportのジャーナリストであるマイケル・シュミットは「新しいフェラーリのPUはおそらくトルコGPで登場することになるだろう」と語った。

「大規模な再構築が必要だ。電気システム全体が400ボルトから800ボルトのシステムに変換される」

「彼らは10〜15馬力について話しているので、それはかなりの利点になる可能性がある」

しかし、フェラーリはF1トルコGPまでに新しいエンジンを手に入れることを望んでいるが、そのデビューはF1アメリカGPまで延期される可能性がある。

マイケル・シュミットは、「新しいパワーユニットは“危険物”の輸送と見なされ、電気システムが異なるため、すべてを再度申告する必要があるため、輸送全体に問題がある」と説明しました。

フェラーリは、ホームレースであるモンツァにアップデートを導入することも期待されていたが、マッティ・ビノットは準備が整わなかったと語った。

「そのエンジンはモンツァにむけて準備ができていなかった。開発が利用可能であったなら、おそらくここですでにそれを導入していただろう。使用可能になり次第使用する」とマッティア・ビノットは語った。

フェラーリがF1イタリアGPに間に合うようにスケジュールを変更しなかった理由について、マッティア・ビノットは「答えはシンプルだ。これは2022年のために生まれた開発だからだ」とコメント。

「コース上でその特性を活用するだけでなく、来年の経験を積むためにもできるだけ早く評価しようとしている。今後のレースに到着することを願っている」

フェラーリは、F1イタリアGPを4位と6位でフィニッシュしたが、ライバルのマクラーレンが1-2フィニッシュを達成したため、コンストラクターズ選手権で3位の座を奪われた。

マッティア・ビノットは、ホームレースでフェラーリがメルセデスのF1エンジンを搭載するマクラーレンに約20馬力劣っていることを認めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ