フェラーリF1代表 「2022年の空力コンセプトは1か月以内に定義される」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットが、2022年F1マシンの開発における進捗状況を語った。

F1は、2022年に完全に新しい次世代F1マシンを導入する。フェラーリF1は、2022年をターゲットにしていることを明言しており、すでに“90%~95%”のリソースを新車の開発に振り分けていることを明らかにしている。

だが、マッティア・ビノットは、新しいレギュレーションが、フィールドを平準化し、オーバーテイクを容易にするという意図された目的を達成できないことを恐れていると語る。

「全員が拮抗することにはならないだろう」とマッティア・ビノットは言った。

「最初は、この目標は達成されないだろう。その後、時間の経過とともに、目標がどれだけ近づくかがわかるはずだ」

「2022年のレギュレーションの2番目の目的は、オーバーテイクを容易にすることだった。だが、そこにたどり着くとは確信できていない。データから、スリップストリームで問題を引き起こす可能性のある非常にハイパフォーマンスなマシンがあることがわかっている」

マティア・ビノットは、フェラーリの2022年F1マシンの最初のシャシーがこの夏の終わりまでに準備が整うと語る。

「プロジェクトを凍結するまであと数週間しか残っていないので、重要な期間だ」とマッティア・ビノットは語った。

「来年から、数年間続くレギュレーションであり、2022年だけでなく、その後のすべてのものであるため、準備ができていなかったり、不注意だったりすることはできない」

「これが優先事項であることは避けられない。現在、新しいマシンは私たちの予測に沿って開発されている」

「我々は空力コンセプトに関して重要な選択が行われている段階にある。1か月以内に定義され、最初のパーツの製造が開始される。次に空力ジオメトリの詳細に取り組むことになる」

「現在のマシンをアップデートはまだ終わっていないが、それでもまだ時間が不足していることを意味している。すべての努力が来シーズンに計画されている」

「マシンは非常に異なるものなので、時間を無駄にしたり、スピードを落としたりする余裕はありません。毎週、どれだけ進歩しているかを目にしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1マシン