フェラーリF1 「2021年と2022年の新しいF1エンジンは非常の有望」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2021年と2022年にむけて開発を進めている新しいF1エンジンは“非常に有望”だと語る。

フェラーリは、2019年のF1エンジンの合法性を巡って論争の的となり、それをきっかけとした一連の技術指令によって2020年のF1エンジンは大幅にパフォーマンスを落としている。

マラネッロチームは、昨年の合法性の物語をきっかけに、2020年のパワーユニットと格闘しました。

「現在、我々は最高のエンジンを持っていない。だが、来年は完全に新しいエンジンを手に入れることができる」とマッティア・ビノットは語る。

「フェラーリは2021年と2022年のF1エンジンの開発に多額の投資を行ってきた。現在はダイナモに搭載されており、パフォーマンスと信頼性に関するフィードバックは非常に有望だと思う」

「2021年のダイナモに関しては制限があるため、効率的かつ創造性のある方法でテストを計画できるかは我々次第だ」

「我々には運用上の制限があるが、改善の余地はあると思っている。現在私が目にすることができている結果には満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ