フェラーリF1代表、2021年加入のカルロス・サインツに「非常に満足」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、今季苦戦している4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルの後継者としてカルロス・サインツを選んだことに“非常に満足”していると語る。

フェラーリF1は、2021年のドライバーとしてカルロス・サインツと契約。現在、マクラーレンのF1ドライバーを務めているサインは、先週末のF1ポルトガルGPの序盤にレースをリードしてF1界を驚かせた。

「間違いなく素晴らしいスタートであり、素晴らしいドライブだった」とマッティア・ビノットは AS に語った。

「たとえソフトタイヤを履いていたとしても、あのような状況でオーバーテイクするのはまったく簡単なことではない。しかし、これまでのシーズン全体と彼の進歩にはとても満足している」

フェラーリF1のパフォーマンスは2020年にひどく落ち込んでおり、特にセバスチャン・ベッテルは、カルロス・サインツが来年引き継ぐシートでシャルル・ルクレールに追いつくのに苦労している。

しかし、カルロス・サインツは自分の選択に満足していると主張する。

「彼らが良い仕事をして、来年は競争力のあるマシンを手に入れることができることを願おう」とカルロス・サインツは Mundo Deportivo に語った。

「そうならなかったとしても、それはまだフェラーリだ」

「今はフェェラーリを笑っている人がいるし、彼らは僕に後悔しているか、彼らを疑っているかと聞いてくるけど、いつもノーと言っている」

「逆に僕は彼らのことを笑っている。彼らは僕がどんなことを乗り越えてきたのかわからないし、僕はまだフェラーリのドライバーでさえないからね」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / カルロス・サインツJr.