フェラーリ、F1ポルトガルGPに改良版ディフューザーを投入
フェラーリは、F1ポルトガルGPでも進行中の開発をプッシュし続け、SF1000の空力パッケージに再びアップデートを投入する。

今シーズンのフェラーリの弱点は、2020年型F1エンジンのパワー低下だけでなく、ドラッグが多いSF1000の空力特性にある。パワーユニットの改良は2021年まで待たなければならないが、空力に関しては過去数戦でアップデートを定期的に導入し、改善に懸命に取り組んでいる。

フェラーリF1のパフォーマンス開発責任者を務めるエンリコ・カーディルが、今週末のF1ポルトガルGPに投入する開発について語った。

「我々はすでにソチでマシンの空力パッケージにいくつかの小さな変更を導入し、ニュルブルクリンクでも他のものを追加した」とエンリコ・カーディルは語る。

「ポルティマオでは、主にディフューザーをさらにアップデートし、過去数か月にわたって設定されたプログラムを完成させることになる」

フェラーリは、F1ポルトガルGPでその進化がチームを正しい方向に導いているという追加の確認を求めている。

「最も重要なことは、我々の開発が正しい方向に進んでいることを確認することだ」とエンリコ・カーディルは付け加えた。

「過去数回のグランプリからの兆候はポジティブであり、同じことが今週末にも当てはまることを期待している。今年はこれまで以上に、開発は次シーズンに向いていることを考慮しなければならない」

「それでも、我々はSF1000でパフォーマンスが向上させられることを期待している。少なくとも、現在4位以下で戦っているマシンやドライバーのグループの前にいることが非常に便利になってくる」

「今年は2列目または3列目の世間の目にさらされるなかで戦うことができたのは2~3回だけだが、今から12月までの目標は、一貫してそのような場所のために争えるようにすることだ。だが、まさにその部分はグリッドが非常に拮抗しているため、4位または12位の違いはほとんどないが、それはすべてゲームの一部だ」

また、エンリコ・カーディル、フェラーリが2021年の2つの開発トークンをSF1000のリアエンドの変更に費やすことを確認した。

「各チームが独自の設計哲学を持っているが、我々の信念はリアエンドが最大の改善マージンを提供するということだ」とエンリコ・カーディルは述べた。

「技術規制にかなりの変更が加えられるクルマのエリアだからというだけでなく、我々のマシンのレイアウトによって本当に大きな進歩ができると部分だと信じている」

「そのため、ルールで許可されている2つのトークンをこの領域で使用することにした。来年は、マシンのすべての基本コンポーネントを変更することは許可されないが、すべてのチームは、いくつかの部分とFIAがそれぞれにトークンの割り当てを設定した部分だけを2つのトークンを使用して開発できる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1ポルトガルGP