フェラーリF1、来季に2019年マシンに戻すというアイデアは「不可能」
フェラーリF1は、2021年のF1世界選手権にむけてマシンのリアを改善することに力を注いでいる。

通常、F1チームは新シーズンに向けて完全に新しいマシンを製造するが、新型コロナウイルスの大流行の影響を受け、FIA(国際自動車連盟)は2021年までに2つの“トークン”を使用した開発しか許可していない。

これは、特に2020年F1マシンのペースに苦労しているフェラーリF1にとって悪いニュースだ。

フェラーリF1は誰が何に焦点を当てるべきかを決めるべきかと質問されたデザイナーのシモーネ・レストは「チーム。我々。それはデザイナーの仕事だ」と Corriere dello Sport に語った。

「それが今、私が同僚と一緒に行っている仕事だ。我々は現在のプロジェクトを改善するためにどこに介入するかを決定している」

フェラーリF1が焦点を当てているメインエリアについて質問されたシモーネ・レストは「我々はマシンのリアの再設計を進めている」と語った。

「そのエリアにはパフォーマンスを向上させるために開発されるべきより多くの有望なエリアがあると思っており、そのエリアを再設計していくことになるだろう」

しかし、最近までフェラーリのF1チーム代表と技術責任者を兼務していたマッティア・ビノットとシモーネ・レスタの間には意見の相違があるとの噂が浮上している。

「今のところ、集中し続けることが重要だ」とマッティア・ビノットは Sky Deutschland に語った。

「我々は外部からの噂のことは忘れ、自分たちの仕事と今後の発展にのみ集中しなければならない」

フェラーリF1は失敗作である2020年F1マシン(SF1000)を完全に廃棄し、はるかに競争力があった2019年F1マシン(SF90)に戻すべきとの意見もある。

しかし、マッティア・ビノットは「たとえ進化型であったとしても、今のマシンは全く異なっている。あるマシンのパーツを別のマシンに搭載することはできないので、それは不可能だ」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ