F1 フェラーリとFIAの“秘密の和解”に7チームが内容開示を要求
FIA(国際自動車連盟)とフェラーリとが2019年のF1エンジンの不正行為について取り交わした“秘密の和解”に対し、7チームが内容の開示を求めて声明を発表した。

昨年、フェラーリの2019年F1エンジンは夏休み移行に大きな改善を果たした。疑惑の目をむけたライバルチームは燃料流量の不正行為を指摘。その後、FIAは立て続けに技術指令を発行し、そのタイミングでフェラーリの戦闘力は低下した。

一部報道では、フェラーリのF1エンジンをFIAが差し押さえ、詳細な調査を実施したとも言われている。

しかし、FIAは2月28日(金)にフェラーリとの間で“和解”に到達したと発表。また、和解の一環としてフェラーリはFIAの“二酸化炭素排出量と持続可能な燃料”の研究開発を支援すると述べた。

だが、詳細な内容はフェラーリとFIAの間にで保持すると述べ、発表のタイミングもF1プレシーズンテスト最終日の1時間前というメディア対応を掻い潜るタイミングであったので、ライバルチームの怒りを買った。

今回、フェラーリのカスタマーチームであるハースとアルファロメオを除く7チームが共同で声明を発表。FIAにフェラーリとの間で交わした合意について詳細な内容を開示するよう求めた。

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフがまとめた共同声明には、マクラーレン、メルセデス、レーシング・ポイント、レッドブル、ルノー、アルファタウリ、ウィリアムズの7チームが署名している。

「この声明に署名したチームは、FIAが2月28日に発表したスクーデリア・フェラーリのF1パワーユニットの調査結果を周到するとした関する声明に驚き、そしてショックを受けた」

「国際的なスポーツ統治機関には、最高基準の運営、整合性、透明性をもって行動する責任がある」

「FIAによって数か月に及ぶ調査が行われたものの、それは他のちチームの疑念を強めただけだ。我々はFIAがこの問題を終結させるためにフェラーリと内々に和解合意に達したことに断固として異議を唱える」

「したがって、我々はスポーツがすべての参加者が公正かつ平等に扱われることを確実にするため、この問題に関して完全で適切な情報の開示を求めるために共同声明を発表する。我々はファン、参加者、F1の出資者に代わってこれを行う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / FIA