フェラーリ、2020年F1マシンはショートホイールベース化?
フェラーリは、2021年F1マシンはショートホイールベース化され、レッドブルのようなスタイルになると報じられている。

2019年にフェラーリは間違いなくストレートで最速のマシンだった。それはF1エンジン勢力図でトップに立ったとされるパワーとロードラックのマシンコンセプトに起因するものだった。

しかし、2019年にフェラーリはトップスピードに偏りすぎており、ハンガロリンクのような低速サーキットではスピードを生かすことができなかった。

2020年もフェラーリは同じ哲学を維持するが、コーナーでのパフォーマンスを向上するためにダウンフォースの増加を目指しており、レッドブルのような改良が加えられると Corriere dello Sport は伝えている。

記事によると、フェラーリは2020年にむけてギアボックスをさらにコンパクトに設計しており、これによって重量が削減されるだけではんく、ドライブシャフトを3センチ前方に配置することを可能にしっという。

ホイールベースが短くなることでマシンのレーキ角も変わり、以前よりもわずかに前に傾いたスタイルになるという。それにより、マシンの形状はレッドブルの昨年マシンRB15に類似したものになると同誌は報じている。

しかし、フェラーリの内情に詳しいF1ジャーナリストのレオ・トゥリーニは、フェラーリから2020年F1マシンの開発について良いニュースは聞こえてこないと Quotidiano のブログで明かしている。

「ここまでのところ、シミュレーターや風洞からの兆候はエンジニアに感銘を与えていないようだ」とレオ・トゥリーニは語った。

「しかし、まだ時間はあるということを忘れてはならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1マシン