フェラーリF1、シャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長
フェラーリF1チームは、シャルル・ルクレールとの契約を2024年まで5年間延長したことを発表した。

今年、フェラーリ史上2番目に若いF1ドライバーとなったシャルル・ルクレールは、全ドライバーで最多となる7回のポールポジションを獲得。フェラーリのホームレースであるF1イタリアGPを含めた2勝、10回の表彰台を獲得し、ドライバーズ選手権でチームメイトのセバスチャン・ベッテルを上回るランキング4位でシーズンを終えた。

フェラーリは12月23日(月)にシャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長したことを発表。「我々はシャルル・ルクレールが2020年まで我々と一緒にいることを嬉しく思う」と述べた。

最高のクリスマスプレゼントを受け取ったシャルル・ルクレールは「もう5年間フェラーリに留まることを発表できてとても嬉しい」とコメント。

「このようなチームのために運転できることに本当に感謝している。チームとの初年度に本当に多くのことを学ぶことができた。今後数年間、強力な関係を築いていくための素晴らしいスターティングポイントだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / シャルル・ルクレール