フェラーリF1代表がルクレールの優勝後に無線で『君を許す』と伝えた訳
F1イタリアGPでシャルル・ルクレールが優勝してフェラーリが幸福感に包まる中、F1チーム代表のマッティア・ビノットが無線でルクレールに“私は君を許す”と伝えるいう奇妙なやり取りがあった。

前日の予選でシャルル・ルクレールはフェラーリのチーム戦略に従わなかった。そのことをマッティア・ビノットは不満に思っていた。

シャルル・ルクレールは、予選Q1の最初の走行でセバスチャン・ベッテルからスリップストリームを与えられて暫定ポールポジションを獲得していた。しかし、予選Q2は全ドライバーがスリップストリームを得ようとして時間切れとなり、2回目の走行でスリップストリームを交換するというチームの計画は失敗に終わっていた。

フェラーリは無線でセバスチャン・ベッテルに「君は今プッシュする必要がある」と伝えると、ベッテルは「それなら彼に前に出るように言ってくれ」「シャルルに行けと伝えてくれ」と不満を述べていた。

フェラーリは、シャルル・ルクレールに「セバスチャンを追い越さなければならない」と正式に伝えた。だが、シャルル・ルクレールは時間内にラインを越えることができたが、セバスチャン・ベッテルは間に合わなかった。

当時、セバスチャン・ベッテルはシャルル・ルクレールが計画に従わなわなかったことを公然と非難していた。

「僕たちはそれについて話し合っていたと思う。僕たちが僕たちが何をやろうとしていたかを間違いなく聞いていた」とセバスチャン・ベッテルは不満を述べた。

「事前にはっきりと伝えていたのと思う。最初の走行では僕が最初の走者だったので、2回目の走りで2番目に走り、トウを受けるはずだったのは明らかだった」

「でも、僕たちは明らかにあまりにも長い間待っていたので、最終的にマージンはなかった」

シャルル・ルクレールの行動に悩まされたのはセバスチャン・ベッテルだけではなかった。マッティア・ビノットも後に不満を感じていたことを認めたが、当時はその感情を隠していた。

そして、シャルル・ルクレールが2人のメルセデスのドライバーを抑えて勝利を成し遂げて初めて、マッティア・ビノットは無線で「君を許す」とイタリア語で伝えた。

「それは、少なくとも我々は彼がした仕事に満足したという意味だ」とマッティア・ビノットは語り、土曜日の論争は残りのチームに影響を残すことはないと主張した。

「まったく影響はないだろう」とマッティア・ビノットは語る。「チーム内で話し合ったことだ。異なる視点はあるかもしれない。全員にとって結果は確かに非常に奇妙な状況だった」

「だが、我々は先を見据えている。私は彼らを頼りにできることを知っている。仕事上の関係には影響しないと思う」

「それが二度と起こらないという意味ではない。なぜなら、決してわからないからだ。だが、そのスピリットは、何をするにしても学ぶべきことだ。学んだ教訓であることを確実にすることが重要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / シャルル・ルクレール