F1 フェラーリ
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2019年F1マシンのパフォーマンス不足の答えは完全にわかってはいないものの“コンセプト”に問題があると考えていることを示唆した。

今季、フェラーリとアルファロメオ・レーシングは、フロントタイヤ前面のスペースを開けた気流重視型”のフロントウイングを導入。冬季テストで両チームが速さを見せたことから、多くのオブザーバーはそのコンセプトが2019年の新レギュレーション解釈の“正解”だと考えていた。

しかし、シーズンが開幕するとフェラーリはパフォーマンスに苦戦。逆に従来の“ダウンフォース生成型”のフロントウイングを採用するメルセデスが開幕から5戦連続で1-2フィニッシュを達成する強さを見せている。

興味深いことに、冬季テストの会場となったカタルニア・サーキットで開催されたF1スペインGPでは、フェラーリだけでなく、アルファロメオ・レーシングもペースを発揮できなかった。

マッティア・ビノットは“徹底的な分析”には時間がかかるとしながら次のように語った。

「ストレートでは十分に速かったが、我々は他のエリアで弱い。そこを理解してフィックスできるかは我々次第だ」とマッティア・ビノットはコメント。

「バランス、ダウンフォース、もしかするとコンセプトの問題かもしれない。まだ完全な答えは得られていない」

フェラーリのコンセプトが間違いだと判明すれば災害かと質問されたマッティア・ビノットは「災害ではない」とコメント。

「我々は決して諦めない。ここでの難しい週末から多くのことを学んだ」

関連:2019年F1マシン | 各チームのフロントウイングへのアプローチ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ | F1マシン