F1 フェラーリ
フェラーリの技術チームは、F1オーストラリアGPで何が悪かったのかを“理解”しているようだ。

冬季テストでは優位に立っていたフェラーリだが、開幕戦オーストラリアGPではメルセデスだけでなく、レッドブル・ホンダにも破れて表彰台を逃し、F1界を驚かせた。

先週の金曜日、セバスチャン・ベッテルはマラネロのファクトリーを訪れてエンジニアとの会議に出席した。

会議を前にセバスチャン・ベッテルは「僕たちにはすべてのツール、材料が揃っているし、データも理に適っている。でも、僕たちは何かを逃している」と語っていた。

だが、フェラーリ専門ジャーナリストとして知られるレオ・トゥッリーニは、フェラーリのエンジニアたちはオーストラリアで何が間違っていたかを“理解”していると語る。

「何が理解されたのは私にはわからないが、ビノットの部下の間にパニックはない」とレオ・トゥッリーニは Quotidiano blog に書いている。

元F1チーム代表のジャンカルロ・ミナルディも、フェラーリは挽回すると考えている。

「一匹のツバメは春を迎えていない」とジャンカルロ・ミナルディは Corriere dello Sport にコメント。

「もちろん、メルセデスは倒さなければならないチームだが、フェラーリに仕事をさせようではないか」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ