F1 フェラーリ シャルル・ルクレール
フェラーリのF1チーム代表マッティア・ビノットは、ドライバーに優先順位をつけると発言したものの、新人のシャルル・ルクレールが2019年にチームメイトのセバスチャン・ベッテルと戦っていけないというわけではないと語った。

セバスチャン・ベッテルの2018年の苦戦を受け、F1パドックの多くは今年からフェラーリに加入する若手有望株のシャルル・ルクレールが優位に立つかもしれないと予測している。

しかし、フェラーリのF1チーム代表マッティア・ビノットは、今季チームオーダーを発令する状況になった場合にはセバスチャン・ベッテルを“優先”するとSF90の発表会で述べていた。

この発言は、シャルル・ルクレールが2019年にセバスチャン・ベッテルのサポート役に追いやられることの容認であると解釈されたが、マッティア・ビノットはその見方を払拭するために自身の発言の位置を説明した。

「当然ながら、2人は自由に戦うことができる」とマッティア・ビノットは語った。

「我々がシャルルに遅く走るよう要求することはない。あるいはセバスチャンに彼よりも速く走れと言うこともない」

「2人とも最大限で走り、ベストを尽くす必要がある。だが、シーズン序盤に曖昧な状況になった場合、セバスチャンの方がより多くの経験を積んでおり、何年も我々と一緒にいるし、彼はワールドチャンピオンを獲得したことのあるドライバーなので

「しかし、シーズンの初めに曖昧な状況があれば、セバスチャンはより多くの経験を積んできました。彼は何年も一緒にいて、すでにチャンピオンシップを獲得しているので、彼が我々のチャンピオンになるのは確かだ」

マッティア・ビノットは、セバスチャン・ベッテルに“優先”ステータスを与えることを明確にすることが、昨年チーム戦術が曖昧であると批判されたフェラーリに役立つと考えている。

「フェラーリにとっても良いことだと思う」とマッティア・ビノットは語る。

「最初から意図を明確にしておけば、曖昧な状況になったとしても少なくとも間違いを犯すことはない」

フェラーリの2019年F1マシン『SF90』は、F1バルセロナテストで優れたパフォーマンスを発揮しており、メインのライバルであるメルセデスとレッドブルよりも仕上がりはいいと考えられている。

新人のシャルル・ルクレールは、テスト担当となった3日目に最速ラップをただ叩き出し、今のところチームメイトのセバスチャン・ベッテルから0.01秒しか離されていない。

「シャルルは優れたドライバーだ。非常に速いドライバーであることは確かだ」とマッティア・ビノットはコメント。

「彼はバルセロナで新しいチームとエンジニアと協力しながらクルマを理解することに集中した。

「両者(ルクレールとベッテル)の間に相対的な戦いがあったとは思わない。我々にとって最も重要なのはクルマを理解することだ」

「実際、彼らは非常に類似したラップタイムを刻んでいたが、それはシャルルが優れた速いドライバーであることを示していると思う」

「我々は過去からそれを知っていた。彼はフェラーリで何年も過ごしているからね。昨年もザウバーで我々それを目にした」

「その点でシャルルがサプライズだとは思っていない。バルセロナのテストでそれが正しい選択だったと我々に示したわけではない。正しい選択であることは確かだが、シーズンが進めばよりそれを教えてくれるだろうことになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / シャルル・ピック